美味しいもの

f:id:egawahiroshi:20211005124534j:image

 

 

今回のコロナで美味しいものを食べに行けない時期が長く続いた。その渇望感たるや大きく、緊急事態宣言もまんぼうも無くなった今、堰を切ったようにみんなが飲食店へ殺到してるように見えます。昨日行った居酒屋の活気は凄かったなぁ。みんな嬉しそうだった。

 

 

 

今回の事で、本当に美味しい料理、しかも自分じゃない人、もしくは家族じゃない人が作った美味しい料理は特別なんだなぁーって事を実感しました。家の料理は日常。そこが美味しいのも勿論大事だけど、外食はハレの日。だからこそスペシャルなものが食べたい。勿論プルジョアではないので高いものは難しい。だから安くて美味しいものが食べたい。高くて美味いのは当たり前なんでね。ワガママな消費者の本音。

 

 

 

そう考えると、そこそこ美味しくてそこそこの値段の店は淘汰されるんだろうなぁーと感じます。激安でそこそこ美味いならアリだけど、そこそこ美味くても、料金がまあまあなら要らない。そんな風にみんなの目が厳しくなったように感じます。

 

 

 

そうなるとチェーンは厳しいよね。これからはしっかり地元に根付いた、地元に愛されるお店の時代なんだと思う。そんなお店が繁盛すれば、仕入れ先も安定的に買ってもらえる。美味しい野菜を作る農家、美味しい肉を作る畜産業者、その他色んな腕がある、品質の良い関係者がしっかり繋がって、食文化を守る。このコロナが暴き出したのは、そんなしっかりとしたお店の繋がりの必要性かもしれない。とても大事な、幸せな風景を生み出す愛すべき世界。

 

 

 

適当な味のお店は淘汰される。厳しい飲食の世界はさらに過酷に。でも、それでも新しいお店は出来て、良い店は残るんだと思う。大変な仕事だと思うけど、美味しいものってのはやっぱりマジック。世界に光を灯す魔法。僕はそんなものを愛してます。美味しいお店には出来る限り行きたい。そのお店の料理を讃えたい。

 

 

 

昨日行った日野の居酒屋さんは魚が美味くて。昨日の刺身も美味かったなぁ。何食っても間違いがないお店は安心して注文できます。最高。お客さんも続々来てました。

 

 

 

こんな日々がどうか続きますように。ワクチンの効果がまやかしでありませんように。神様でも宇宙人でも構わないので、どうかよろしくお願いします。