成長

f:id:egawahiroshi:20211031200931j:image

 

久しぶりの長野ライフ。コロナで約2年ぶりの帰省。今回も第六波が来て正月に行けなかったら悲しいので、選挙での一輪車休み(体育館が投票所になる為、練習が休みなのです)に合わせ、弾丸の一泊二日で行って来ました。無論期日前投票も済ませてね。

 

 

 

長野には嫁の弟一家がいて、そこには小学一年生になる姪っ子います。その子は卒園のアルバムの宝物の欄に「たおちゃん」って書くくらいたおが大好きで。もうとにかくたおと会うのを楽しみにしてくれてました。

 

 

 

2年ぶりに会うので、もう小学生になったし、最初は人見知りするかな?なんてたおとも話してましたが、その予想は大外れ。実家の前まで来たら「たおちゃん来た!」の大声と共に走って来ました(笑)もう愛情全開。1秒も無駄にしないくらいのマンマーク

 

 

 

たおはその子の気持ちもわかっているので、全力で受け止めてました。本当に立派にお姉さんをやり切って。俺だったら絶対に途中で音をあげてる。しかも本当は赤ちゃん大好きのたおさんは、その子の1歳7ヶ月の妹を可愛がりたいんですが、嫉妬されるので我慢します。合間に隙を見て可愛がるたお。そしてすぐお姉ちゃんの方に戻ります。ちゃんと人の気持ちがわかる子。仲良し三姉妹の雰囲気でほんわかムードの嫁の実家でした。

 

 

 

そしてその1歳7ヶ月の妹はほぼ初対面。これがびっくりするくらい可愛い!顔も可愛いけど仕草がまた最高で、みんなメロメロ。自分はたおを散々楽しませた指2本で子供をあやす「指さん」という技をを披露。すぐ心をつかんで、嫁にもそれは才能だと感心されました。めちゃくちゃ懐かれましたよ。

 

 

 

そして本日の帰り。別れる時には小学生の姪っ子はたおと離れたくなくて号泣します。そんな可愛いいとこを慰めるたお。1歳7ヶ月の赤ちゃんもお姉さんの頭を撫でます。これが幸せな風景って言うんだろうなぁーと目を細めて見てる親と祖父祖母。みんな良い子に育ってます。

 

 

 

そして弟一家と別れ、僕ら家族は松本まで嫁の両親に車で送ってもらいます。また来るねーと和やかに話しながら進む車内。駅に着いて、つまみや駅弁を買っていよいよおじいちゃんおばあちゃんとお別れの時。すると、今度はたおが寂しいと号泣。おじいちゃんおばあちゃんに抱きついて泣きじゃくります。これには2人も感動したみたい。散々お姉さんをやり切った疲れもあったんでしょうけど、本当におじいちゃんおばあちゃんが大好きな気持ちが溢れて。その気持ちは伝わったんじゃないかな。

 

 

 

電車に乗ってご飯を食べたら、公文の宿題を始める真面目な娘。そして最後は疲れてお父さんの膝枕で夢の中へ。まあよく頑張った。そして成長してる事が良くわかったよ。みんなに愛されて、愛して、良い子に育ったなぁーと感心しました。

 

 

 

今回もたおのおかげで親孝行完了。たおは本当に自慢の娘だわ。親バカな事はわかってて言いますけど、本当に良く育った。今の所、子育てに後悔なし。