アルペジオの輪

f:id:egawahiroshi:20211205195834j:image

 

 

昨日は17年も続いてるバサロとルーシーのイベント(ルーシーは今お休み中)胸キュンアルベジオへ。

 


早くに亡くなってしまったバンド仲間、福村君を偲ぶイベント。と言っても愛と笑いの溢れるすこぶる楽しいイベント。湿っぽい雰囲気は無し。

今回はスウィンギングポプシクルと、クライフインザベッドルームという、もう身内中の身内が集って。クライフはサポートのタカ君含めいつも一緒にいる人ばかりだし、ポプシは元バックバンドのしまっちと、一緒に仕事してる平田さんがいて、バサロはバックを務めてくれた吉田君とライブでゲスト出演してくれた河辺君もいる。なんというか俺の遅れてきた青春を彩ってくれた人達なわけです。

 


ポプシのパーフェクトポップは相変わらずで、美音子ちゃんの歌声を真ん中に据えた過不足ないピッタリ来る円を描いたようなポップは今宵も健在。サポートのもっくんと吉田君も良い仕事してる。

 


クライフは本当に何も変わらない。結構なキャリアなのに劣化とか老化とかないのが凄い。そしてギターのさんちゃんはやっぱり立ち姿がかっこいい、スター系ギター。あまりに自分の青春(と言っても30過ぎてからだけど)のサウンドトラックで、今聞くと涙腺が緩む。

 


そしてバサロ。友達のバンドの中で1番と言っても良いくらい好きなバンド。ビートルズとディランとJBのミックスって発明だよね。大沢君のキースムーンスタイルのドラムのままファンクやるのが最高すぎる。吉田君がムーグの実機を抱えて出て来ただけで大興奮だったなぁ。やっぱり良いバンドだ。この日はプレクトラムのたいちゃんや、コンドル44の佐々木君、ポプシの美音子ちゃんなどゲストも迎え、芳醇な音楽を聴かせてくれました。

 


ライブの後は久しぶりに打ち上げ。打ち上げでバカな話するのも久しぶりだったなぁ。無闇に楽しかった。これが日常だったんだよね。無くしたものを強く感じた夜。でもこのままでは終わらない。そんな気概をみんなのステージから感じた。みんな頼もしいなあ。尊敬する友達。

 

 

 

なんか楽しいばかりの一日だった。こんな日があるから生きていけるんじゃないかな。そんな大袈裟な事も口にしたくなるくらい、幸せな時間でした。みんなありがとう!