スクラップ&ビルド

f:id:egawahiroshi:20211209195428j:image

 

 

僕が作曲家として世間に少しでも認知され始めたのは、その当時人気絶頂だったAKB48に「スクラップ&ビルド」という曲が採用されてから。その前からチャゲさんに詩を書いたり、川村カオリさんに曲を書いたり、それなりの活動はしてたんだけど、カップリングとはいえその当時のブームの渦に少しでも関わる事で、大きなうねりが来たのを覚えてます。

 

 

 

あれは2012年の出来事。もうあれから10年も経っている事になる。この曲は根強く人気があるようで、ジャカルタで歌われたり、各地方のチームが歌ったり、まあ皆さんに時間が経っても愛して貰っている。

 

 

 

そんな曲に最近また人気が出て来たようです。NMB48は11周年アニバーサリー公演のタイトルが曲名そのままの「スクラップ&ビルド」で。この曲はNMBにとってはキーになってるようで、よく歌って貰ってます。

また、僕も「春はどこから来るのか?」で曲を提供させて貰ったNGT48の荻野さんが、卒業公演でこの曲をセットリストに入れたようです。しかも好きな曲としてこの曲をあげてるみたい。なんか色んな所でこの曲の話題を聞く。

 

 

 

まあ嬉しい限りなんですが、今なら最も良いメロディー書きますよ!とも思ってます。ああいう前に突き進むようなポップでパワーのあるメロディーは専門分野。いくらでも出てくる。泉の如く。メロディーが枯れた事はないので、いつでも依頼があれば産み落とします。リクガメのように。ポコポコと。ご依頼お待ちしています。

 

 

 

僕はいつも良いかなぁ?って流れが来た所でスクラップしてしまう癖があります。なんだろうね?逃げてるのかもしれないし、新しい場所を見つけたのかもしれない。よくわからない。でもどこかでしっかりビルドしないと、スクラップした意味がなくなっちゃうから、そろそろビルドしないとね。スクラップの意味って、結局はその後の自分次第だから。何もしなけりゃただの破壊。破壊して終わりってわけにもいかないのよ。人生は。