伝説の娘

f:id:egawahiroshi:20211219151950j:image

 


また夢を見た。何なんだ。良く眠れてないのか?また違う夢の続き。

 

 

 

夢の中で独り身の自分はなぜか広い家に住む事になって、何人か友達を呼んでコミュニティーのように住む事にした。ここまでは前に夢で見た所。それが今回はもの凄い人数が住む事になってて、人が押し寄せる。知らない人いっぱい。それで頭を抱えて困ってる。そんな夢。困って目覚めた。昨日知らない人に沢山会ったからだろうか?

 

 

 

昨日は一輪車チームの忘年会だった。とは言っても前のチームの忘年会。参加の返事した後に、今のチームのお父さん忘年会の誘いもあったんだけど、約束破りはダメ!と前のチームに行く事に。まあお父さん忘年会の方は純粋なお父さんだけで、たおは関係ないからね。たおが楽しいし方を選択。

 

 

 

前のチームを辞めてからもう2年。その間に新しい人達も入ったので、知らない人も多かった。しかし、向こうはたおのお父さんという事でみんな知ってる。前のチームにおけるたおの立ち位置は「伝説のいつも笑顔で踊る女の子」。伝説の父ですよ。お父さんは全然普通の人なんですが。

 

 

 

もうこの年代の親が集まると、子育ての話ばかり。まあ気になる事はみんな子供の幸せなんだよね。これはきっと万国共通。親同士だからこそ伝わる話が沢山。勉強になりましたねえ。

みんなにはたおの育て方を沢山聞かれましたが。それは全て小説に書いてあります!と話したらその小説がグループLINEに送られたようで笑。あれ書いたのももう何年も前だなぁ。読み返してみるか。一応フィクションですけど、本当の経験を下地に書いた小説。

 

https://sutekibungei.com/novels/b77bf79a-fce4-45db-962b-60d0f05f3112

 

昨日は帰りに伝説の娘と大喧嘩。伝説の娘は眠くなると大変なんですよ。まあ朝に仲直りしましたけど。