歌が怖い

f:id:egawahiroshi:20220110174146j:image

 

 


僕は一応シンガーソングライターとしてメジャーデビューしてるから、プロの歌い手という事になる。でも、歌に真底自信がないので、ずっと自分がプロだなんて思った事がない。というか歌が怖い。

 

 

 

今はライブもやってないし、家で作詞作曲をする時に歌うだけ。それは自分の曲ではないし、誰に向かってるのかもわからない。でも歌で伝えなきゃいけない。歌の技術がある人ならそんなのは気にならないんだろうけど、僕は歌について何も持っていないから、もうずっと歌で迷いまくってる。エガワの歌じゃダメだから誰かに歌ってもらえってよく言われるし、その通りだと思うんだけど、この間、友達に歌ってもらっても、結局同じようなジレンマに陥った。多分、自分の歌に対するアングルがうまくいってないんだと思う。歌。歌。永遠の悩みの種。

 

 

 

まあメロディーや歌詞は認めてくれる人が沢山いるから、それを誰かと一緒に作業して、歌は誰かにお任せするのが1番良いんだと思う。ジャッジや処理も含め。でもやっぱり自分はプロには成り切れないから、なんか頑固に1人で作ってる。

 

 

 

歌って才能が1番だよね。歌っていうか声か。持ってるか持ってないか。それだけ。特にオーバーグラウンドで活躍するには声が1番重要だと思う。でも、まず音楽はオーバーグラウンドのものだけじゃないからね。持ってないからって諦めるのも違うし。音楽はそんなケツの穴の小さいものではない。歌が下手なら下手なりの表現方法がある。それぞれのやり方がある。あ!でもそれってシンガーソングライターの話で、作曲コンペの歌は上手くなきゃダメだった。はぁ。なんだかなぁ。

 

 

 

と、永遠に続く歌の悩みを吐露しつつ、僕はこれから歌を歌うわけです。はい。

 

 

 

ボイトレでも行くかなぁ。良い先生いるかな。