自己満足

f:id:egawahiroshi:20220311232319j:image

 

 

 

最近良く家で弾き語りをしています。仮歌用ではなく、自分の為の歌を思い出す為に。自分の音楽が誰かに必要とされている自信なんて持ちようも無いんだけど、それでも自分の音楽を忘れたくはないからね。人のために曲を書くのが仕事ではあるけれど、根本にあるのはただ曲を作る事。真ん中にあるのは自分とか他人の境界線がなくなった、ただの音楽。

 

 

 

ライブを止めて、なんとなく過ごしていたらコロナの世界がやって来た。そしてライブを再開する理由も無くなってしまった。そんな世界でライブを続けて頑張ってる人達がいる。そんな人達の歌を聴くと、やっぱり強いなぁーって思う。尊敬。憧れ。畏怖の念。そんなものが浮かび上がる。自分も一応シンガーソングライターなんだけどな。

 

 

 

僕は今やただのソングライターになってしまった。1番好きな事、曲作りを仕事にしてるんだから、それで不満があるわけでは無い。ただそれだけでは埋まらない何かがある。そんな事を少し思い始めてる。そんなものはただの自己満足では?との疑問符を挟む自分もいる。だけど人はみんな自己満足で生きている。人の為にというのも、人の為に何かしたいという自己満足。どんなに優しい気持ちも、親切心も、あなたの為ですよ!と強調し始めたら押し付けになる。これは自己満足である。その認識が必要。結局は自己満足で世界は回る。僕の自己満足は今少し途方に暮れている。

 

 

 

まあとにかく最近はモヤモヤしてるわけです。戦争が心に何かを及ぼしてるのかな。人は今起きている事に影響を受ける。何かを表現をする人には当たり前のことなんだけどね。色んな事に反応して、傷ついて、喜んで、そこから音がこぼれ落ちるんだから。

 

 

 

春はもうすぐそこなのになぁ。なんだか毛布にくるまってばかりだよ。