通ってるJ-pop、通ってないJ-pop

f:id:egawahiroshi:20220327221708j:image

 

 

誰でも聴いてる流行歌。それも思春期の流行歌がその人の音楽観を形作る。でも、その流行ってる音楽の中でも何を熱心に聴いて、何を聴いてこなかったのか。流行ってれば嫌でも耳に入るので、更に何を意識的に避けたのか。熱心に聴いた、耳に入った、避けたの3つに思春期の流行歌手を分類。自分の思春期は90年代初頭くらいまでかな。

 

 

 

まず耳に入って自然に染み付いてる音楽。ユーミンオフコース井上陽水、安全地帯、チャゲアスチェッカーズ久保田利伸辺りは意識せずとも染み付いてる。あと歌謡曲ね。夜ヒットに出るような。サザン、山下達郎YMOとかはその当時は耳に入るくらいだったけど、大人になってからは熱心に聴いた音楽。

 

 

 

熱心に聴いてたのは、一つ一つ挙げたらキリがないボウイやバービー、ブルーハーツ以降のバンドブームの音楽。そして佐野元春レベッカ岡村ちゃん渡辺美里TMネットワーク尾崎豊ソニー勢。それと松田聖子、吉川晃司。この2人は特別好きだったな。あと90年代初頭は渋谷系ね。

 

 

 

と、ここまでは影響もわかりやすい。問題はここから。あんなに流行ってたのに何故聴いてこなかったのか?むしろ避けてた人達。

 

 

 

自分が通ってないなぁーって思う大御所はB'z、浜田省吾大江千里。あれだけ売れたから知ってる曲はあるにはあるけど、まあ聴いてない。自然に染み付いてる音楽ならカラオケで歌う事もあるけど、この辺りは歌う事も出来ない。何故避けたのか?それが知りたい。

 

 

 

B'zは多分若い頃患っていたメタル拒否症が原因。歪み過ぎなギターの音と金切り声が苦手でねえ。今となっては何も気にならないんだけど。そして松本さんのギターはまあそこに当てはまるけれど、稲葉さんの歌はそんなんじゃないからね。完全に濡れ衣ですよ。

 

 

 

ハマショーは多分歌詞かな。ビッグマネー叩きつける感覚が苦手で。ヤンキー的な感覚。でもヤンキーの親玉的な永ちゃんはそこまで嫌じゃないのは不思議。

 

 

 

そして大江千里は多分パンク、ニューウェーブに寄っていく中で、あの優しい感じがダメだったんだと思う。自分がデビューした時はレコード会社の人に、江川君が売れるなら大江千里的な感じだと思うと言われ、その頃はピンと来てなかった。けど今ならわかるな。この3組の中で今なら聴くなぁーって思うのは大江千里。ポップスとしてよく出来てるしね。

 

 

 

この3つを遠ざけてたのは多分ロキノン症候群。ロック原理主義。そこにどっぷり浸かってたからなぁ。今考えたらなんて了見の狭い。ロックじゃなくても良い音楽は沢山あるし、工場で作ったようなヒットを狙った作品にも良い作品はある。それが何も理解出来てなかった。いわゆる魂問題ね。魂がある無しで判断する。でも魂が宿る場所って一個じゃないのよ。表面的な所に惑わされ過ぎでした。はい。

 

 

 

なのでこの3組を揶揄するつもりはありません。まあ趣味の違いはあるけどね。しかしこの3組が音楽体験から抜け落ちている事は、自分に何かの傾向を与えたと思う。

 

 

 

他にも何か忘れてる気はする。みんなでこの人は通ってる、通ってないって話したら楽しそうだなあ。意外な音楽にハマってたりね。なんか抜けてる人がいたら指摘をお願いします。これを入れないのはおかしいだろ?的な。