f:id:egawahiroshi:20220405235436j:image

 

 

 

最近たまにですがたおに仮歌を歌わせたりしてます。正確にはたおに歌わせろとにじり寄られて、しょうがなく承諾する感じですが。歌好きなんですよねえ。毎日お風呂で大熱唱してますから。

 

 

 

いやでもたおはまあまあ歌は上手いので、仮歌は歌ってもらいたいんです。そりゃもう。ピッチもリズムも悪くないし。でも、歌ってみるといつも答えは一緒。その答えとは、声が幼すぎて使えないという事…。声がまあ幼い。子供用の曲にしか使えない。とても大人の歌にはならない。大袈裟にいえば、今話題の最年少歌手、ののかちゃんの声に近い。自分でも言ってたけど。赤ちゃん。

 

 

 

これは声帯が大人になるまで待てって感じなんですかねえ。正直お父さん待てませんよ。早く大人にならんかなぁ。専属の仮歌さんにするのになぁ。

 

 

 

そして今はしょうがないので、女性の曲でキーの指定が来た時などは、自分で歌ってその後に2音くらい上げてデモを作ってます。そしてそれでびっくりな事が一つ。それは、自分のキーを上げた声がたおにそっくりだと言うこと。大体男の人の声を上げると幼くなるものですが、その幼い具合がたおにそっくりで。いやーこんなに似てるとは。やっぱり血が繋がってるんだなぁ。遺伝子恐ろしい。俺の子だわ。たおさん。

 

 

 

なので正直今は歌ってもらっても、自分で歌ったのとあまり変わらない結果が待ってます。まだ使えないなぁ。我が家の秘密兵器。

 

 

 

ちなみにたおの仮歌のギャラは100円です。採用されたらさらに1000円ボーナス。まあまだ頼みたくなる事はないですかねえ。歌わせてあげたいのはやまやまですが。そんな時間ないのよ、たおさん。これ仕事なんで。遊びじゃないのよ。