お金の教育

f:id:egawahiroshi:20220414224757j:image

 

 

 

このコロナの世の中で、さらにエグい円安の進行具合を見ると、海外旅行ってのはまたしばらく難しいのかなぁーと思っている。

まあ自分はインドア派で、近所に飲みに行くくらいで良い人だから大した影響は無いが、嫁は毎年3、4回も海外に行くくらいの旅行好き。国内旅行で埋め合わせているけれど、さすがにストレスが溜まっているようだ。

 

 

 

最後に家族で海外に行ったのはフランスだった。嫁の友達夫婦がフランスにいて、いる間に一度は!と思い切って行った。あの後、友達は日本に帰って来たし、コロナもあったし、結果ギリギリなタイミングだった。今は行けて良かったなぁーと思っている。一回もディナーは食えなかったけど!フランスに行ったのに!苦笑

 

 

 

嫁が旅行に行くと、たおと自分は家に残る。するとご飯を作るのが途端に面倒になり、よく2人でご飯を食べに行く。もっぱらやきとんか串揚げ。たおは酔っ払ったお父さんが大好物。何でも買ってくれるから。それでも500円くらいのものしか買わないんだから、わきまえた娘だ。

 

 

 

そして昨日、そんなたおがお年玉を使ってTWICEのペンライトを買ってくれないか?と交渉して来た。再来週に迫ったライブに持って行きたいそうだ。我が家は中学になってお小遣いは1000円。ペンライトは5500円。お小遣いでは難しい。でもお父さんは拒否。クリスマスプレゼントとか誕生日プレゼントの前倒しならいいよと伝えたが、難色を示すたお。交渉は平行線。

今回のライブチケット、たおの分はお年玉から出させている。お年玉は大人になったら残りは渡すけれど、たおが必要なものを買うためのお金だと伝えてある。一輪車はお年玉で買った。一輪車の遠征費もそこから出してる。チケットはお年玉で買ったのに、なぜペンライトはダメなのか?そこをたおは執拗に攻めてくる。

 

 

 

確かにそこに理由はない。でもチケット代12500円ももう使ってる。それがお父さんの言い分。ペンライトもそこに含めたい。それがたおの言い分。まあどっちが合ってるとかじゃない。感覚の戦い。

 

 

 

ちなみに、ママがオッケーなら家族内での多数決は2対1になるし、認めるよ、と言ったら「ママがオッケーするわけないじゃん!そんなのわかってるでしょ!」と言われた。そうか、たおは説得できそうな所から説得してるんだな。なるほど。考えてる。酔っ払ってない時に言っても無駄だけど。笑

 

 

 

これは認めるべきなんだろうか?どうなんだろう?欲しいものがすぐに手に入るのは違うと思ってる。お金の価値は少しずつ知らなきゃいけない。そう思ってる。夫婦共に意見は変わらない。でもどうなんでしょうねえ?ペンライト、買ってあげるべき?我が家はケチなのかなぁ?