名イントロドン(昭和の日本編)

f:id:egawahiroshi:20220510173037j:image

 

 

 

最近は音楽を聴く時にサビ以外は必要ない!という文化があるみたいです。なのでギターソロはスキップだとか、イントロはいらない、落ちサビも、Dメロも、勿論アウトロなんて問題外。まあそれって曲として聴いてなくて、TikTokとかのBGM用なんでしょうけどね。用途が違うというか。

 

 

 

アルバムという単位が薄れてきている中、今度は曲という単位すら脅かされてる。音楽を作ってる側からすると恐ろしい時代です。まあ最近はループ作って、それが採用されると作曲にクレジットされるみたいだし、作る方もパーツ単位の感覚はあるのかもしれない。

 

 

 

でも楽曲が求めたらイントロも作るし、アウトロも作るし、ギターソロも入れます。そして楽曲の一番の売りがそこになる事もあります。特にイントロね。イントロが素晴らしい曲とが沢山ある事を知って欲しいなぁ。まあ音楽をしっかり聴く人は今だってそんな事わかってるし、今だってイントロのカッコいい曲はあるんだけどね。だけどそんなイントロスキップ世代に向けて、名イントロ曲をリストアップしてみた(Spotifyのリスト)。しかも昭和の日本縛り。こういうものは縛りが大事なんですよ。縛りが。あふん。

 

 

 

誰もが認める歴史的名イントロもリストアップしてますが、個人的な感覚なのであれ入ってない!とかは勘弁してね。基本曲中のリフがイントロになってるみたいなものは避けました(バッドフィーリング除く)。何というか、ストーリーを感じるイントロをメインに選出してます。曲の前に風景の違うイントロとか最高!って感じ。

 

 

 

イントロを作るのは基本アレンジャー。音楽の世界で一番凄いのはアレンジャー。僕はそう思っているので、名イントロを作って来るアレンジャーには基本尊敬の眼差しを送ります。才能ってのはああいうもんだ。大村雅朗至上主義。

 

 

 

いやしかしイントロ復権の日は来るかねえ?勿論イントロの無い名曲も沢山あるんですけどね。機会があれば縛りも変えてやりたいね。ファンク編とか、サイケデリック編とか。色んな人が持ち寄ってそのイントロを聴く会もいいな。イントロドン。

 


https://open.spotify.com/playlist/6rdyuU3Dj1h7bXP6ZdPVE3?si=yNq1VFRXTaC2NXP0M4GQ0Q