エレガンス

f:id:egawahiroshi:20220522114315j:image

 

昨日はたおの一輪車チームの25周年発表会でした。たおはそのチームの末裔としてたった1人ソロ演技を披露。まあ大会に出るような現役の人としては昨年の全日本ソロ4位と10位の姉妹、あとはたおしかいなくて。姉妹は今回はペアを披露したので、必然的にソロは1人に。

 

 

 

たおはバックで漕ぎながらジャンプして軸に立ち上がる大技、バックジャンだけ失敗しましたが、他は全て成功、全体の出来としてもコーチに今までで一番良かったと言われる出来でした。相変わらずの笑顔爆発で、コーチからも「観客へのアピール力は真似できるものじゃない」とのお言葉を頂きました。本人も満足顔。衣装も似合ってたね。

 

 

 

他には入ったばかりの小学生のペアと団体演技があり、さらにはコーチも含めたOGと大人、それとペアも披露した姉妹を合わせた大人グループが少人数の団体と、大人数の団体で2回演技を披露。最後はみんなで踊って終わり。発表会は良い雰囲気で終わりました。

 

 

 

終わって感じたのは「一輪車クラブひの」というチームの伝統。一輪車というニッチなスポーツですが、チーム毎にそれぞれカラーがあります。日野が際立つのはそのエレガントさ。優雅で気品溢れる演技。これはちょっとほかのチームでは見られない。25年かけて積み重ねてきたその美しさは、やっぱり素晴らしいなと。それを実感。こんな演技をたおもしていかなければいけないんだと、お姉さん達に教わりました。本当に綺麗だったなぁ。ため息が出るような。

 

 

 

お姉さんチームの構成は、世界一経験者や現役のシルクドソレイユ出演者、コーチも全国大会の審査員ですから、日常的にたおはトップレベルに触れてる事になります。こんな環境ないよね。幸せな事です。新宿から日野まで週に4回も行くのはとてつもなく大変だけど、子供がやりたい事を思う存分に味合わせてあげられてる実感は持てました。ここにいる事は間違いじゃあないんだなと。良いチーム、良い先輩に恵まれてる。たおは運が良いよ。本当に。

 

 

 

あとは大会で結果を出して行くだけ。徐々に大会もコロナを超えて開催される様になってきてます。たおは新しい大会に昨日エントリー。中学生の部で、それも1年生でいきなり優勝は難しいですが、それでも挑戦しないとね。負けるのが1番嫌いな人。勝負の日々が始まります。目指すは世界。そこはブレずに。親も頑張るべ。