young bloods

 

f:id:egawahiroshi:20220602201910j:image

今日は健康診断。5月に予約しようと電話した病院は、直接来てもらえたらと言われ。それなのに、昨日行ったら出来ないという…。まあ理由はわかったけれど、こっちには一つも非はなく。でも喧嘩してどうなるもんでもないから大人しく引き下がった。向こうの態度にもよるけど、余地がないならすぐ引き下がるタイプ。

 

 

 

そして改めて今日は別の病院へ。健診は基本問題なく進むんだけど、昔から採血関係で事件が起こる。

 


サラリーマン時代、健診の採血で新米の人に当たりました。その人は最初から緊張した面持ち。そして針を刺した瞬間に大きな声で「あっ!」と叫びます…。見事に失敗。血管には突き刺さらず。まあそれはいい。そんな事もある。人間に失敗は付き物だ。しかしその後、同じ人が手を震わせながらもう一度採血するのはどうでしょう!?針があんなに揺れ動いてる状態は初めて見ましたよ!恐ろしい!それでも成功したから文句も言いづらい。その後、どの検査に行ってもまず謝られましたけれど。

 


そして献血に行った時も事件は起きました。献血を始めて数分後。僕の血圧が弱いのか、血が流れなくなります。それを見た看護婦さん。「おかしいわねえ…」と言いながら、針をグリグリ回します。やめてー!それは痛いのー!と言っても止まることはなくグリグリグリグリ。リトグリブリグリかってぐらいグリグリ。あれはトラウマ。マジでトラウマ。

 

 

 

そんな採血体験があるので今回も緊張します。今日はベテランの看護婦さん。ちょっとホッとする自分がいました。針もすんなり刺し、全く痛くありません。さすがベテラン。今日は何もないか、と油断したその時でした。採血終了で針を抜き、絆創膏を貼ろうとしたその瞬間!僕の腕から血が溢れ出ました!ピューって。看護婦さん大慌て!慌てて腕に巻かれる止血バンド。俺の血管、活きが良すぎるって!まだまだ俺の血管若いなと。俺もまだまだいけるぞと。ギンギンだぞと。そんな事を思う今日の健康診断でした。今日はマジでスプラッター

 

 

 

ああくだらない。意味がない。そんな事を日々呟く男のライブはこちら!

 

 

 

7/22(金)下北沢ニュー風知空知

Oh. Cheers! - Cover night  vol.3 -

"happy birthday dear ジョウミチヲ"

【act】

ジョウミチヲ

野呂圭都

エガワヒロシ

橋本孝志&カメダタク

OP 18:00 / ST 18:30

adv. ¥3,000 / door ¥3,500

(+1drink)

 


https://new-fu-chi-ku-chi.jp/?p=2259