これぞシューゲイザー

 

f:id:egawahiroshi:20220626204756j:image

今日はたおのコーラス参加でお馴染み(しつこいw)COLLAPSEのレコ発イベントへ。シューゲイザーバンドのイベント、トータルフィードバック。

 

 

 

一輪車の大会配信を見てたのでスタートには間に合わず。会場に入ると「死んだ僕の彼女」が演奏中(この文章結構やばいw)。ジャンクサウンドで会場をねじ伏せていた。そういえばこのイベントではいつもたこ焼きを焼いていたので、ライブ見てなかった。カッコいいわー。石川君のクレイジーさが良い塩梅で溢れてる。

 

 

 

次はKAIMY PLANTS。このバンドはこんな王道だとは知らなかった。ドラムとベースとギターのダイナミズムで曲が出来てて、そこに美しいメロディーが乗る。みんな腕があるよね。良いバンド。

 

 

 

そして沖野俊太郎さんは20数年ぶりだというエレキ弾き語り。まあエレキだろうがアコギだろうがバンドだろうが、この声が乗れば全てオッケー。今日は声を張ってちょっとかすれるところがあって、そこがセクシーで良かったなぁ。沖野さんが悪かった事なんで一度もないんだけどさ。憧れの先輩。

 

 

 

そして今日の主役、COLLAPSE登場。ライブを見るのは初めてだけど、びっくりするくらいシューゲイザー。これがシューゲイザーじゃなかったら何がシューゲイザーかと!

 


シューゲイザーが何かを簡単に説明すると、ギターノイズの壁があり、そこに儚いボーカルが乗る美しい音楽。足元を見て(シューをゲイズして)演奏するからシューゲイザー。ギターノイズの繭の中から一歩も出ない引きこもり音楽が本来のシューゲイザー(当方解釈)。リズムもわざと単調で、音も小さくて、ドラムが奥に引っこんでる。でも最近はシューゲイザー風味が多く、リズムで踊らせたり、ビッグなメロディーを奏でたり、本来のシューゲイザーではないバンドも多い。でもCOLLAPSEは違う、ベイルセインツより、ライドよりシューゲイザーマイブラと同じくらいシューゲイザー。びっくりするくらいのシューゲイザー原理主義

 

 

 

でもひとつ特筆すべきは、ボーカルの女の子がとにかく雰囲気がある事。とにかく立ち姿が様になる。あれは特別だ。

そしてさらに(シューゲイザーなのに)声を大にして言いたいのは、くぐもった、気怠い、儚い、シューゲイザー原理主義にピッタリ寄り添った歌なんだけど、でもこのボーカルはピッチ良い!シューゲイザーはふんわり歌うので、声も張らないし、ピッチが微妙な人が多い(当方比)。なのにピッチ本当に良い。音が轟音じゃなくなった時にそれが良くわかる。これ珍しいのよ。まじで。

 

 

 

このバンドは大きくなるかもしれんなぁ。なんて思って見てました。プロデューサーはクライフのユウスケ君。あの人はキングオブシューゲイザーだけど、それと同じくらいポップマニア。ポップ大好き。ビリーアイドル大好き。このコラボレーションは良いと思うな。何年か後にコーチェラでやってたりね。そしたらたおがコーラス!と何度も言おうと思います。大きくなってくれ!