コミュニケーション

 

f:id:egawahiroshi:20221002202349j:imagef:id:egawahiroshi:20221002202353j:image

昨日はTWICEのファンミーティングがあったのだけど、まあ予想通りの大人気で、今回もチケットは当たりませんでした。それでもトレカ大好きたおさんがカード交換に行きたい!というので代々木体育館まで付き添い。こういう時はいつもお父さん。お母さんは登場しないのが我が家の流儀。ちなみに勉強にはお父さんは登場しません。役に立たないから。笑

 

 

 

今回もカード交換に興じる人達の群れに入っていくのだけど、やっぱり明らかに最年少。知らない人に誰のファンですか?って聞いて、カードの交換交渉をする。これは中1だとまだハードル高いよね。でもたおさんはお父さんの事など何もあてにせず、躊躇しないで1人でガンガン話しかける。そして断る時はキッパリ断る。このコミュニケーション能力はどこで得たのか?

そしてカード交換に来てるのに、イヤフォンをして、明らかにコミュ障感高めな人を発見。たおも一瞬話しかけるのを躊躇する。しかし、たおの欲しいカードがありそうな雰囲気を掴むと、すぐに話しかけていった。すげえなぁ。そこは俺ならいかないなぁ。まあ明らかにコミュ障で交渉は上手くいかなかったわけですが。笑

 

 

 

結局30人超えくらいに声をかけて、交換したカードは11枚。たおの推しのツウィちゃんのカードばかりになってる。人気のサナ、モモ、ミナのカードは全部無くなった。交換できるカードが無くなって終了。

あちこちで最年少だから可愛い!だの、癒される!だの言われ、それを当然の顔をして受け流すたおさん。自己肯定感半端ない。この自己肯定の怪物を育てたのは俺なのか?子育てって不思議だ。子供の持ってるものが8割。いや9割。親が関与できるのは10%。そう思わないと親は苦悩しますよ。できる事はそんなにない。でも全力でその10%を良いものにしようとするのが親。親の愛情は限りない。

 

 

 

我が娘はコミュニケーションの王様。誰とでも上手くコミュニケーションを取ります。でも最近、お父さんの友達と話すのは辛くなってきたとこぼしてます。自分は記憶がないのに、向こうはみんな「たお!」って来るのが辛いらしい。まあちゃんと思春期してるんだね。

お父さんは友達多すぎる。たおちゃんは結婚するならもっと友達少ない人にするって言われました。人好きするタイプですけど、意外と人を求めてないタイプかもしれません。うちの奥さんのくみさんと、そのお母さんと同じ匂いがする。血は争えないねえ。コミュニケーション能力のある、人を求めない人。それが我が娘のたお。

 

 

 

いやしかしジヒョのファンが少ないのが気になる。俺の推しの1人なのに。俺の推しはミナ、ジヒョ、チェヨン。もうお父さんもTWICEに夢中。今月はTWICE大好きな彼女がいる友達を我が家に呼んで、TWICEの話をします。もっとTWICEの話がしたい。完全なハマってる。たおも。お父さんも。TWICE大好き。大きな声で言えるくらいに。