ドリカム(条件あり)

 

f:id:egawahiroshi:20221127120526j:image

最近夢って叶うものなんじゃないか?と思い始めてます。いや別に日本代表のドイツ戦勝利に浮かれてるわけでも、今自分の夢が叶おうとしているんです!とかそういう事でもないです。日本代表はベスト8の夢のまだ途中だし、自分の人生なんていつも通りの低空飛行。墜落はしないけど空高く舞い上がりもしない、その間の何処かに今も漂っています。でもなんか、夢なんて叶うんじゃない?そんな軽い気分なんです。

 

 

 

ただ夢見てる人はみんな叶います!なんてのは絶対嘘だし、努力すれば叶う!とかも全く思ってない。ただ、尋常じゃなく願って、尋常じゃなく思い続けてれば、必ず叶う気がしてるんです。叶わなかったらそれは尋常じゃなく思ってないだけだと。そんな風に思って。

 

 

 

努力云々ってのは勿論あるだろうけど、それよりその事ばっかり考えてる事の方が大事な気がします。勿論練習がたくさん必要なものはやらなきゃいけないけど、大抵の事は努力だけで片付く問題ではなかったりする。でも思いの強さ、頭の中でその夢が占めるパーセンテージみたいなのは如実に出る気がしてます。

 

 

 

人間を動かすのは思い。頭というよりハート。そしてそれだけを強烈に思い続けていれば、夢が叶う叶わないに関係なく、必ず何か別のエネルギーを心に残す。我が家ではそれを「頑張ったエネルギー」と呼び、それはいつか必要な時に使える貯金のようなエネルギーだと娘に教えてます。後の自分を助けてくれるエネルギー。だから今やらなきゃいけない事を頑張る。今の自分の為は勿論、未来の自分の為に。

 

 

 

今の代表選手達にはそんな思いの強さを感じます。それこそ頑張ったエネルギーが溜まってるなと。久保のオリンピックでの涙はこの後に必ず活かされるし、鎌田のドイツから一度ベルギーに都落ちした経験は必ず何かを宿してる。南野はもうすぐ反転する時が来る。遠藤航の前回W杯で試合に出られなかった悔しさ、田中碧のドイツ2部でのもがき、そして何より前回のロストフの14秒…。

 

 

 

今は夢が叶う道の途中。コスタリカ戦はその通過点。一つ一つ。アトレティコシメオネの言葉が好きです。まずは今夜。その思いの強さを見せつけて欲しい。

 


夢、見ようぜ。当たり前のように。