日本は弱くない

 

f:id:egawahiroshi:20221206115126j:image

うーん。勝てた試合だったなぁ。選手の頑張りは足りてたし、魂なんて入りまくってた。選手個人個人の総力はクロアチアとは対等どころか日本の方が上だったと思う。相手はサイドバックと前線のクオリティが足りてなかった。でも、チームとしてどう戦うか?その突き詰め方が日本には足りず、クロアチアにはそれを判断する経験値がたっぷりあった。それは監督なのか、選手なのか。そこはちょっと判断付かないけれど。

 


日本の武器は走力。スピードとスタミナを両立させた、他の民族にはあまり見られない特徴。オシムさんはそれを見抜いていたのかな。今回の代表の特徴はオシムさんの頃に近い。全員でハードワークして攻守に走る。その上でテクニックに長けた選手で構成されていた。ただ、どこにどう走るか、どのタイミングで走るか、その整理はされておらず、選手の超人的な頑張りが無駄になる分を補っていた。前田大然を筆頭に。

 


あとは日本のストロングポイントは伊東と三苫の両サイドな事は明らかだった。クロアチア戦だって、相手のサイドバックとの優位性は見て取れた。だからあそこで1対1を仕掛ける仕組みさえあれば、もっとチャンスは作れたはず。でも三苫は守備に奔走されていたし、伊東は前半成功していた仕掛けが、ポジションが変わる事で見られなくなった。なんとなく広がるモヤモヤ感。

 


まず前提を言いたい。もう日本の選手のクオリティーはベスト8の基準に達していると思う。三苫、伊東、鎌田、堂安、久保の2列目のクオリティーは言わずもがな、後ろ目の守田、遠藤、酒井、富安、板倉だって充分だった。その力があったからスペインにもドイツにも勝てた。勿論向こうの油断はあったにせよ。もっと質を上げなくてはいけないのは当然だけど。

 


だから、その前提の上に立ったサッカーをそろそろ作らないといけない。弱者のサッカーでグループリーグを突破出来るのはわかった。でも、ボールを持って強者のサッカーをすると、コスタリカにも勝てなかった。クロアチアは微妙な相手だったので、PK負けだった。今のサッカーは両方出来なければいけない。アジアでは強者として振る舞い、本大会では弱者として振る舞う。それが今までの日本の常識。でもそれを超えていかないと、ベスト8は見えてこない気がする。本大会でも強者のサッカーの時間を増やす。それは前線のポールキープかもしれない。ボール回しのスピードかもしれない。単純なチームの決め事かもしれない。とにかく今は何が必要なのか精査して、次に繋げて欲しい。

 

 

 

初めての決勝トーナメントに浮かれた2002年。ベスト8を初めて垣間見た2010年。奇襲成功でリードしながら底力でひっくり返された2018年。今回は本当に実力であと少しまで行った。扉には手をかけた。でもまだ何か足りなかった。その何かをまた4年で探さなきゃいけない。

 

 

 

日本人監督のコミュニケーションの優位性はわかった。メンタルは安定する。でもヨーロッパでサッカーしてる選手と同じ目線で話ができる日本人が出て来る必要が有る。選手の質で考えたら、森保さんを成功と言って良いのか?そこは難しい。日本人監督は最後の1年でなんとかなるから、個人的には外国人監督を試して欲しいな。ビエルサとか見たい。1人のサッカーファンとして。タスクのタペストリーのようなサッカー。日本人に合うと思うんだけど。日本人ならフロンターレ絡みがあんなにいるんだから、鬼木さんかね。世界には出てないけど。長谷部監督の時には、優勝を夢見れる日本代表になっていたいね。うん。

 


あぁ悔しい。悔しいなぁ。とにかく悔しい。そればっかりだよ、今日は。