映画監督

 

 

f:id:egawahiroshi:20220930131419j:image

この間自主的に決めたお休みの日。何をするか迷ったけれど、結局家で録画してあった映画を見た。ポンジュノ監督の「スノーピアサー」。意外とポンジュノ監督作品は良く見てるかも。「グエムル」から始まって「母なる証明」も好きだったし「パラサイト」も良かった。この間は「殺人の追憶」も見たな。

 

 

 

映画マニアではないので、映画の情報には疎い。なので見る映画は過去に良かった監督の作品を探す事になる。と言ってもそんな通な監督は知らないのでメジャーな監督ばかり。ポールトーマスアンダーソン、コーエン兄弟、クリストファーノーランくらい?あ、あと忘れちゃいけないタランティーノね。ティムバートンもいた。ダニーボイルとかガス・ヴァン・サントとかは気になるけど追うほどじゃないかな。

 

 

 

個人的に付き合いのある映画監督というか映像作家は2人くらいしかいないけど、どっちも全く違う方向で濃いなぁーって思う。映画監督って沢山のミュージシャンを使うシンガーソングライターみたいなものだよね?自分の作品、頭の中にある世界を沢山の人を使って表現する人達。俺なんてバンドメンバーだけでもあたふたなのに、あの人数を率いるってのは凄いなぁーって本当に思う。最早社長だよね。そしてそれだけのバイタリティが必ずある。でも、不思議とあまり偉そうな人は知らない。何人かいる会った事ある人も、みんな偉そうではなかった。変な人だとしても。たまたまかもしれないけど。

 

 

 

いろんなものに顔を出す人生を歩んできたけれど、演技の世界には結局足を踏み入れなかった。興味ない事はないけど、縁はなかったな。エガワさんは自分があるから向かないって言われた事もあった。確かに俳優さんは入れ物で、何でも吸収しちゃう人が良いんだよね。俺すぐ拒絶しちゃうし、自分でも向かない気がする。

 

 

 

シンガーソングライターは、自分でカメラを回して1人で映画を撮ってるようなもの。俳優より監督だね。そしてどちらかといえばドキュメンタリー映画の人。これをエンターテイメントにまで昇華させるのが難しいんだよねえ。そこで腕がいる。才能やらセンスやら情熱をかけるのはそこ。

 

 

 

そろそろ自分の作品への欲も出て来たかなぁ。そういう季節ですかね。人の音楽を作るのも嫌いじゃないから、鬱憤が溜まってるのとは違うんだけどね。でも何が溜まったらその気持ちは現れる。それが何かはいまでもわかりません。

産後パパ育休に向けて

 

f:id:egawahiroshi:20220929204450j:image

産後パパ育休なるものが始まるらしい。内容はよくわからないが、とにかく父親も育休を取りやすくする制度のようです。

 


https://news.yahoo.co.jp/articles/9bbfe3f543857eba314d1a668f99a247edd30e0a

 


今から約11年前、サラリーマンをしていた僕は愛娘たおが一才になる時、社内初の男性育児休暇を取りました。社内を上へ下への大騒動に巻き込みながら。そんな経験から言える事をまとめてみたい。

 

 

 

まず、今は育児休暇を男性が取るのも当たり前だし、それに何か言おうものなら、方々から罵詈雑言が飛んで来るでしょう。コンプライアンス社会に今のパパ達は守られてる。休暇を取るのに勇気はいらない。

でも忘れちゃいけない。それは仕事に穴を空ける事には違いないという事。仕事だけを見たらそれは今も変わらない。そこを埋める人材を会社が確保するのが義務!ってのはそうかもしれないけど、そんな余裕のある会社ばかりではない。なので会社行かなくて良い!というウキウキ感は出さないようにしましょう。

また育休先進国の話を聞くと、その育休で空いた穴を塞ぐ事はしてないらしい。穴が空いたらその分仕事が滞る。それを社内は勿論、社会が許容してる。それが育児休暇の実態。だから社会がもっと大らかになるのを待つしかない。それまではやっぱり肩身狭いよ。それは覚悟しておいた方が良い。

 

 

 

そして、実際に育児休暇に入ったら、それはとても休みなんてものではない事を知ります。子育てなんて初めての経験な訳で、もう終始パニックです。泣かれたら何が起きた?だし、静かに寝ててもちゃんと生きてるか心配になるし、もう気が休まらない。そしてそれは実はお母さんも同じ経験をしていたという事。お母さんもそんな時期を過ぎて、子供を上手くあやしたり出来る様になる。それを理解する期間として、育休は必要だと思う。育児への主体性が出る。

 

 

 

そして赤ちゃんと二人きりで一日過ごした後、奥さんが仕事から帰って来た時のホッとする具合を忘れちゃいけない。赤ちゃんを見守る目がもう一つ増えるだけで、気持ちがだいぶ楽になる。だから無駄に飲みに行くとか、不必要に帰らないと奥さんが不機嫌になる意味がわかるようになります。一呼吸出来るだけで違うんですよ。

 

 

 

育児でお母さんじゃなきゃいけない事は何もないです。最初期だけじゃない?お母さん以外受け入れないなんてのは。あとはお父さんがしっかり向き合ってれば、必ず子供は心を開きます。だって親なんだもの。しかも一緒に暮らしてる。簡単ではないけれど、出来ない事じゃない。

 

 

 

昔の専業主婦の時代とは違うからね。共働きでは子育ては母親の仕事ではない。男性の子育ては手伝いなんかじゃない。自分の仕事。僕は3か月の育児休暇を通して、オムツ替えは勿論、お風呂も、ご飯の世話も、本読みも、寝かしつけも、全部出来る様になりました。するとお父さんが居れば大丈夫な娘に育ち、お母さんは2歳の娘を家に置いて旅行に出ても問題ない立場に(笑)最初の旅行は1週間!それでもママと一言も言わない娘。自他共に認めるお父さんっ子に育ましたとさ。

 

 

 

子育ては各家庭にそれぞれのバランスがあり、それぞれのルールがあると思う。でも共働きでお父さんに子育ての責任がないなんて事はないからね。新しい形への変革期。上手く着地していきましょう!お父さん達!

旗手使われない問題

 

f:id:egawahiroshi:20220928115250j:image

f:id:egawahiroshi:20220928115519j:image

四年に一度のW杯近づいて来たので、サッカーの呟きが増えます。興味ない方はスルーで。

 

 

 

昨日のエクアドル戦。まあ急に布陣を変えたら難しいよね。11人全員代えたんだから。でも森保さんの選手選考の為の試合だから、まあしょうがない。今回はイレギュラーな11月開催だし、事前合宿出来ないし、本当はこの試合も選考に使ってる場合ではないんだけどね…。

 

 

 

前の試合では鎌田が大活躍して、ボランチの2人は盤石の働きを見せた。前田大然もプレスのスウィッチ役としての機能性を見せた。逆に中山はボール回しがバタバタして不安な出来だった。これが前の試合の注目点。

 

 

 

そこを踏まえると今回の試合の注目点は鎌田がライバルの南野が、違う特徴を見せられるか。古橋がトップで機能するか。3センターから2ボランチシステムへの変更で弾き出された田中碧が巻き返すか。中山に不満の左サイドバック問題。この四つと見てました。堂安は残念ながら今の時点では伊東より序列は下確定なので、注目点には入らず。

 

 

 

まず南野。やっぱり南野にはポスト役が必要で、その状態でテストしてあげたかった。それかトップで機能するのかを見て欲しかった。相馬も活躍した今、サイドは無いので、このチームでの真ん中の適正を見たかった。上田が出て来てやっとやりやすい状況が出来たらすぐ交代。あれはかわいそう。

 

 

 

それは古橋もそうで、古橋にはトップ下にパサーが必要で、南野とは食い合わせが悪すぎる。今日みたいに前半でお役御免だったら、アメリカ戦の後半に出してあげたかった。鎌田と組んだ古橋の方が絶対活きる。逆に南野は上田か、むしろ町野の方が組み合わせは良い。南野と古橋はなんか今回は犠牲者かな。

 

 

 

田中碧は組んだ相手が柴崎というのがかわいそう。田中碧はゲームメイカーで遠藤や守田みたいな潰しが得意な選手じゃ無い。柴崎もそれはそうで。柴崎が下り目の役目をやってたけど、あのポジションにしてはリスキーなパスも多いし、あそこでボールも落ち着かないからゲームがバタバタした。結局田中碧の印象も悪くなる。

 

 

 

そんな中、長友は前が南野とだと戦術的に難しい選択を迫られるけど、三苫なら三苫に気持ちよくプレイさせる事だけ考えれば良いから、この試合の中では良い印象が持てたかな。あのしつこい守備が目立ってた。でも左サイドバック伊藤が見たかった。結局終盤にその形かと思ったら3バックだったもんね。センターバックとして使える事がアピール出来たから、本人は良いでしょうけど。

 

 

 

さあ長かった前置き。ここから本題。旗手何故出番なし?移籍金40億と言われてる、CLでレアルマドリーに全く引けを取らないプレーを見せた人がプレーなし!少なくとも柴崎使うならあそこに旗手で良くない?田中碧ともフロンターレ組だから上手く行くし、谷口や山根もやりやすかったと思うよ。同じチームの古橋もそう思ってるでしょう。しかも柴崎得意なポジションじゃ無いし。あそこで使うならいらない。少なくとも遠藤、守田と組ませないと無理。今回は柴崎も被害者なのかもしれない。旗手のサイドバックも見ておきたかった。

 

 

 

今回の収穫は長友と相馬、そしてシュミットダニエルかね。でも相馬だけかな。後の2人はもうわかってたから。相馬は今回実力を証明したね。ウィングバックも行けるし、メンバー入りに前進ですな。

 

 

 

これでW杯メンバーが確定します。最後に森保さんに寄せながら希望を込めたメンバー予想を。これをみんなでああでもないこうでもないと言い合うのが楽しいんだよね。

 

 

 

GK  シュミットダニエル/権田/川島

 


DF  冨安/板倉/吉田麻也/酒井/山根/伊藤/谷口/長友/中山

 


MF  鎌田/守田/遠藤/田中碧/旗手/原口

 


FW  三苫/伊東/古橋/堂安/久保/前田/相馬/南野/上田

 


板倉は負傷が癒える事を強烈に祈って。

あれ?1人多い!しまった!誰か1人削らなくちゃ…。そしたら…中山か、それとももしかして南野?どのポジションも3人必要と考えると…自分的には南野落選!それしか考えられない。

まあ森保さんは外さないと思うけどね。というか、そしたら誰を外すんだ?旗手だったらもうびっくりだよ。40億の急上昇中の男を外すのは…。

 

 

 

まあどんな形になっても僕は日本代表応援しますよ。それだけは変わらない。三苫が世界に羽ばたく所が見たいねえ。あの鰻ドリブル。ぬるっと抜けてく、独特のやつ。珍味だわー。

shout to the top

 

f:id:egawahiroshi:20220926002640j:image

今日はマドラスとウィルベリーのイベント、「shout to the top」へ。しかもゲストがブロンディプラスティックワゴンですから、この間ボーカルの篠原さんとも仲良くなったし、これは行かないと!

 

 

 

トップはウィルベリー。今回見てて思ったのは、このバンドは本当にリズムが豊かって事。同じビートの曲一曲も無かったんじゃないかな?バンドで踊らせるって事にとても自覚的なバンドなんだよね。

そして楽曲的には7thの響きを大事にしたコードワークで独特の多国籍なメロディーを紡いでいくんだけど、面白いのはサウンド。最近のバンドとは違ってエフェクトに全然頼らない。フレーズと呼吸、そしてリズムでアレンジが出来上がる。腕に自信が無いと出来ないよねぇ。その上にジョウさんの怪鳥ボイスが乗る。今回はザッツロックバンドなステージでした!素晴らしい!圧巻!

 

 

 

ブロンディは見るの10年以上ぶり?ファストなロックンロールっていうイメージだったけど、とてもオルタナティブで、今のサウンドだったのにはびっくりした。篠原さんのムスタングムスタングと思えないくらい太くて、スリーピースで何も足りなくない。そしてとてもファストな曲のリズムを微分積分して構築する感じがとても今。キメの多さも含め、ボカロPが作る音楽が好きな人にも伝わるんじゃないかなぁ。しかもみんな上手い!特にドラム!その上に乗る切ないメロディーがまた秀逸。篠原さんの声も独特だよねえ。いくつになっても少年の声。

 

 

 

マドラスはシングルのレコーディングの流れからか、モードが変ったように感じました。今までは夏の終りのイメージだったけど、秋になったイメージ。とても人恋しくて、切なさがアップしてる。人を求めてる感じがした。それはコロナの影響もあるのかな。時代に敏感なのは良いバンドの条件。

アップな曲をやっても切なさは消えなかったね。切なさを殺せない。なんか今回は特別にエモかった。エモエモのエモですよ。来月のレコ発ライブが楽しみだね。

 

 

 

みんな楽しそうだったなぁ。バンドって良いなぁ。そんな事を思わせるイベント。実際にジョウさんが「バンドって最高だな!」って肩組んできましたよ(笑)本当その通り。バンドって特別だよ。そりゃ愛さずにはいられない。お客さんもそんな目でステージを見つめてました。251には愛が溢れていましたとさ。

 

 

 

愛だろ?愛。これが伝わる感じの世代だね。笑

feel special

 

f:id:egawahiroshi:20220925163642j:image

昨日は仕事を切り上げて夕方にミムラスのライブを見るために豊洲に行った。場所は豊洲ららぽーとのオクトーバーフェス。雷がゴロゴロなる中、泣き出しそうな空はギリギリで涙を堪え、ライブは無事完了した。ビールで酔っ払う人が多数の中、ミムラスは見事に完走した。ああいう場所でのライブは音楽の出来よりも人間の大きさが求められる。ミムラスは本当に器がデカい。肝っ玉は保証書付きだ。

 

 

 

いやしかしオクトーバーフェスのビールの値段にはびっくりした。500ミリで1500円。いつもセンベロで飲んでる俺の総額だよ。でも円安が進む中、海外に出たらこれくらいの値段が当たり前なんだと思う。こんな所で実感する円安。周りがみんなお金持ちに見えて来た。笑

実際、ライブを終えて、機材を車に積むために駐車場に行ったら高級車のオンパレードだった。マジでびっくり!都心では車離れが進んでるし、車を持つ人は富裕層で、選ぶ車も高級になってるのかもしれない。こんな所で格差を実感。

 

 

 

ライブ後は月島に移動してミムラス、サポートのミッキー、ゆうや君と打ち上げ。月島は人で溢れていた。もんじゃではなく、串焼きの店に行った。東北の匂いがする料理が並んでいて、店主の人に田舎を聞いたら山形県だった。ミッキーはずっと焼酎のロックを飲んでいた。必ず「俺はロックしか出来んから」と言った。毎回言った。

そしてもう一軒!となった。二軒目はもう少し自宅に寄っておこうという事で新宿に移動した。僕はいつもテレビや雑誌で行きたい店があるとメモしておくんだけど、その中のタイ料理の店に行った。これが本当に美味しかった!香辛料は効いてるけど辛くて顔をしかめるほどではなく、ちょうど良い塩梅。雰囲気は本当にタイみたいで、旅行気分にも浸れる。また来たい。ミッキーはやっぱり焼酎をロックで飲んだ。以下同文。

 

 

 

駅までの帰り道、新宿二丁目界隈を歩いて帰った。二丁目はとても盛り上がっていた。ゲイカルチャーは花開いてるんだなぁーと感じた。そういえば新宿で飲んで、久しぶりに大きな街、繁華街で飲んだ気がする。人はいっぱいいた。コロナの頃とどう変わったのかわからないくらいいた。街は回復していってる。いつもいる人には見えないくらいの牛歩だとしても、たまに見るとびっくりするくらい進んでる。そんな事を昨日は感じた。

 

 

 

昨日は色々な事を特別に感じた一日だった。ミムラスチームと飲むのはやっなり楽しい。まあ全員友達だからな。ミッキーといるのもやっぱり楽しい。なんだかんだでとても長い付き合いの友達なんだな。まあ相変わらず面倒くさいけどね。笑

FRESH!

 

f:id:egawahiroshi:20220923082130j:image

今日は我が夫婦の結婚記念日。正確には入籍記念日です。2004年の今日、新宿区役所の夜間口に婚姻届を出しました。ちなみに前の結婚も届け出たのは同じ場所。笑

 

 

 

もう結婚して18年という事になります。まあそれなりに紆余曲折しながらも、ずっと仲良く暮らしてます。たおが生まれてからは我が妻くみさんの愛情はたおに向き、こっちに向く事は少なくなりましたが、それでも相対的には今が1番仲が良いかな。向こうの愛情が目減りした分、こっちの愛着がアップして、こんな熟年夫婦なのにアップ分の方が上回る特殊な状況です(笑)

 

 

 

無駄なくらいに色気があるくみさんが、色気溢れるダンスのベリーダンスを始めたのは数ヶ月前。始めた理由は肩こり防止という色気もへったくれないものですが、今は週に1回通ってます。

そこで衝撃の事実。他の人と踊ってて気づいたそうですが、くみさんなんと腕が短い!家に帰ってそんな事を言うもんだから、良く見てみると…確かに腕が短い!知らなかった!結婚して18年、付き合ってからは24年経って初めて気づく事実!なんかふっくらした体型と相まって…ピグモンに見える(笑)言っておくけどガラモンではないからね!あくまでもピグモン!(ウルトラQ参照)

 

 

 

こんなに長く暮らしてるのにまだ新しい発見があるなんて。まだまだ新鮮。数年前には実はカレーは好きだけどカレー風味の食べ物(カレー炒めとか)は好きじゃない事がわかったり、クリームパンが好きな事がわかったり、色んな発見があります。24年付き合ってもまだ新しい発見があるなんて、そりゃまだまだ楽しめるってもんです。

 

 

 

出会った時、こういう人が運命の人なんだろうなと思いました。そしてその想いは今も変わってません。これ以上の人は自分には居ないし、これでダメだったら誰とも上手くいかない。それは自分だけじゃなくて、僕ら夫婦を知る周りのみんなもそう思ってる。くみさんは他の人でも大丈夫だと思うけど、俺にはこの人しか居ないんだろうなって。そう素直に思います。年が経つほどに、それは確信に変わってる。

 

 

 

今日は神様なのか仏様なのか仏陀なのか、はたまた宇宙から来た知的生命体なのか、そんなこの世界を作ってくみさんに出会わせてくれた存在に感謝する日。身に余る宝物をありがとうございます。どう考えても自分の実力で手に入ったとは思えないから。あの頃のくみさんの自分への執着具合はきっと何かの魔法、もしくは黒魔術でも使わないとあり得ない。そのくらいだった。あ、そしたら悪魔にもお礼を言わなきゃ!悪魔さんありがとう。まあとにかく誰かれ構わず感謝する日。今日はそんな日。

 

 

 

そんな特別な今日ですが、何も変わらず今日も一輪車です。特に特別感がないのも我が夫婦らしいかなぁ。何もなくても良いのが本当の幸せ。そんな風に思うかな。

占い

 

f:id:egawahiroshi:20220922172623j:image

僕は占いが結構好きです。そこまで信じてる訳じゃないけど、朝の占いは必ず見るし、占い番組も良く見てます。まあ良い時は気分良いな、くらいな。

 

 

 

昨日の朝。いつものように各局の占いをチェックします。僕は獅子座。昨日はどの占いを見ても獅子座が良い。なんか良い事あるかな?なんて思ってちょっと心が軽くなる。

しかし実際はそんなに甘くない。曲は思い浮かばないし、何やってもうまくいかない。良い事はどこにも見つからない。まあ占いはそんなもんだよね。そんな風に感じてました。

 

 

 

だけどそこで帰って来たたおさん。何故か異常に機嫌が良い。中間テストの出来が良かったとかでもなく、意味もなくとにかくご機嫌。しかも翌日もテストなのにお父さんが休みにするのを忘れ、一輪車の練習に行かなきゃいけなくなった。いつもなら不機嫌大爆発になるやつ。それがこの間怪我したし、ソロのビデオ撮りももうすぐだし、と前向きに練習に行く気持ちに切り替えた。そして練習までの時間でしっかり勉強してる。まあとにかく心のコンディションが絶好調。それは寝るまで続いた。

 

 

 

そして寝る前に気付いた。あれ?今日は良い日だったのかも…。結局、自分の運勢って自分の事と考えがちだけど、求めてるものが目の前にあるのが良い日だよね。勿論良い曲書けた、曲が採用されたとか、モテたとか、金が儲かったとか、色々あるけど、自分の本当に求めてるものはそれ以外にあった。それはたおの幸せな顔。そんな当たり前の事に気がつく。それが幸せの基盤。その上にさっきあげた個人的な欲望がある。基盤がしっかりしてないと、そんなものやって来ても意味ない。そう、昨日の獅子座は良い日だったんだな。そんな風に思った。自然にそう思えた。

 

 

 

まあ全国の獅子座の人全部が良い日のわけなんてないんだけどね。占いなんてそんなもの。当たるも八卦当たらぬも八卦。良いものだけを信じます。