高橋徹也と小林建樹

 

f:id:egawahiroshi:20230128172807j:imagef:id:egawahiroshi:20230128172810j:image

昨日は刺激的な同学年シンガーソングライターのツーマンへ。


高橋徹也さん主催で、今回は小林君に声をかけた形なのかな。前にも2人でやった事はあるそうで、まあそりゃ合うよね。2人ともクセの強い楽曲が持ち味ですが、2人でスタジオに入った時に「俺達そんなにクセ強くないよねえ?」って話してたらしいですよ。笑


先行は小林建樹。アコギ弾き語りでスタート。最初、最近はこんなロッキンな感じなのか?とびっくりしてたら、その後のMCで「今日は高橋徹也さんとやるからロックンロールを意識して」と話しており、納得。その後はなんかステージが明るくなった?と思ってたら「暗い世相に埋もれたくないし、陽気なステージを心掛けてます」と話しだして、なんか偏屈な人に見えがちだけど、小林君って素直なのかも、なんて。笑

ステージはピアノに移ってからがさらに凄かった。鬼才小林建樹ここにあり。縦横無尽に繰り広げられる魔法の音の世界。タカテツさんと比べたら小林君の方が素直なポップスの部分は大きいかな?と思ってたけど、全く違う。スーパープログレッシブ。でも声がね。歌がめちゃくちゃポピュラリティーあるんですよ。だからお客さんを置いていかない、この絶妙なバランス。これぞ小林建樹。


後攻はタカテツさん。相変わらずのオリジナルなダンディズムで、会場を一瞬で高橋徹也の世界に変えてしまう。

今回2人を比べて面白いなぁーと思ったのは、小林君よりクセが強いと思っていたタカテツさんの曲ですが、最近は特にストレートな曲もあって、やっぱり根底にロックンロールがあるんですよ。シンプルな。でもその分、タカテツさんはストレートに楽曲を奏でても、歌が全て理解する事を拒絶する。オルタナティブで、ニューウェーブで、絶対に秘めた部分がある歌。こちらもそのバランスが絶妙。ある意味真逆の2人なのかもしれない。


そして終盤、タカテツさんのステージに小林君が登場すると、名曲「新しい世界」を2人で演奏!これがめちゃくちゃ良かったんです!小林君の魔法のようなピアノに乗って歌うタカテツさんも、タカテツさんの一筋縄ではいかないメロディーを乗りこなす小林君も、本当に素晴らしかった!アンコールでは今度は小林君の「満月」を2人で。これも良かった!この2人めちゃくちゃ相性良いと思うんですけど。どうですか?みなさん?


同学年の2人がこんなに頑張ってるんだから、俺も頑張らなきゃなぁーって。素直に思いましたね。2人とも仲良くしてくれるんですよ。とても大事な存在です。


その日の夜にアニメ「D4DJ All Mix」にて、自分の書いたリリリリちゃんの曲が、アニメの中で披露されました。2人とは違う場所だけど、俺は俺なりに頑張ってます。なんとなく自分でそんな風に思えたかな。


また2人でやって欲しいなぁ。2人とも一筋縄でいく人ではないですけどねえ。神のみぞ知る世界。苦笑

「ガラクタ」

f:id:egawahiroshi:20230127170529j:image

f:id:egawahiroshi:20230127170524j:image

昨日は全く作業が進まなかったけれど、今日はお昼まで順調に進んだ。夜には出掛ける予定があったので、午後はインプットの日にして、大竹伸朗展に行って来た。


とても有名な現代アートの人だし、直島で見たサイケデリックな銭湯の作品もとても好きだったので、行こう行こうと思ってたらそろそろ終わってしまう時期に。こういうのは行かないと後悔するんだよね。なのでフットワーク軽く東京国立近代美術館へ。


大竹伸朗だけじゃないんだけど、現代アートで好きなのはどこかにガラクタの要素がある作品。思いや記憶をかき集めらるように手繰り寄せ、それをサイケデリックな混沌の中に放り込む。大竹伸朗作品はその色がとても強いので、惹きつけられます。最初から最後まで、なんとも言えない興奮を胸に抱きながら歩き回ってました。楽しかったな。


僕は自分をガラクタだと思ってます。音楽の才能、楽器の技術やセンスや耳の良さもガラクタだし、人としてもしっかりしてないところが多いし、イケメンでは全くないし、ファッションのセンスも酷い。でもそんな自分のガラクタを集めて作った作品(僕にとっては音楽かな)が、美しく光ったり、人を楽しませたり、心に届くものになる。そんな瞬間がとても好きなんです。それを追い求めてずっと音楽を作ってる。

実際にはガラクタを集めたなだけでは通用しなくて、ある程度の技術やら知識やらセンスが必要で努力しなくちゃいけないんだけど、根本的にはガラクタから美しいものを作る。その姿勢はいつも忘れたくない。それが僕のアイデンティティ。その感覚は音楽を作り始めた頃から一貫して変わらないです。もはや強迫観念と言ってもいいかも。


本当はきっちり出来ないだけなのか、怠惰なだけなのか、その可能性も否定はできませんが(苦笑)そんな感覚で僕は音楽を作り続けます。もう方向転換は出来ないよね。大竹伸朗展を見て、その思いはさらに強まった気がします。


さて今日はこの後同期の盟友SSW小林建樹と、同い年の憧れSSW高橋徹也のツーマンを見て来ます。今日は刺激の一日だね。楽しみ。

 

f:id:egawahiroshi:20230127170658j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170702j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170706j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170709j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170651j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170655j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170712j:image
f:id:egawahiroshi:20230127170719j:image

うまくいかなかった日のブルース

 

f:id:egawahiroshi:20230126201116j:image
f:id:egawahiroshi:20230126201124j:image
f:id:egawahiroshi:20230126201128j:image
f:id:egawahiroshi:20230126201109j:image

今日は一日作業して何一つ進まなかった。締め切り間際でなければそういう事は良くある訳だけど、やっぱりこんな一日を過ごすと徒労感が凄い。どうせ進まないならインプットの日にすれば良かった…と後悔したりする。でも未来を見渡せる超人ではないのだから、そんな一日が積み重なって音楽は作られてるんだと思いたい。


そして今日もたおは一輪車の練習に向かい、くみさんは先輩と飲んで帰ると連絡があった。たおには炊き込みご飯を作ったし、色々常備菜もあるから家で食べようと思えば食べれたけれど、こんな日は特に飲みたくなる。上手くいかなかった一日をぼんやりと誤魔化すにはアルコールが1番だ。


近所にある魚の名店に入った。この店はいつもくみさんと2人で来ると入れるのに、1人で来るといつも満席で入れない。人気店だからしょうがないけど、2人だと入れるのが納得いかない。これは日頃の行いと言うやつか。結構真っ当に生きてるつもりなんだけどな。人に優しく生きてるつもりなんだけどな。それは自己評価だから、本当の所はわからない。でも今日は入れた。きっと「今日はお前頑張ったな」と神様的な何かが評価してくれたんだと思う。今年初かな。この店に来るのは。人気店に入るのは大変だ。


いつも通りホッピーの白を頼んだ。今日もこの店の刺身は抜群に美味い。牡蠣も美味い。たおもくみさんもこの店が大好きなので、1人で来るのはちょっと申し訳なく感じる。この7種類も入った刺身が880円だ。信じられない。牡蠣も250円だ。ショックプライス!腹一杯食べてもいつも3000円いかない。近所のNo. 1はやっぱりこの店。揺るがない。うちの近所にはめちゃくちゃ美味い中華の名店も、ピザの名店も、和風パスタの名店もあるのだけど、No. 1はこの店だ。それは揺るがない。くみさんと2人で話し合った結果。痺れるくらい良い店。他の店も胸を張っておすすめできる店だけど、この店は一味違う。良い店が沢山ある地域に住んでるのは幸せな事だ。

 

隣のお客さんが、まずいものでカロリーを摂取したくない!と大声で叫んだ。わかる。それわかる。食は大事だ。逆側のテーブル家族のお父さんが、今日のハイボールは味が違う!と文句を言っている。でもマスターはちゃんと対応して、ウイスキーアメリカ製に変わった事を説明してる。本当に良い店だ。上手くいかなった一日はこんな店に癒されたい。仕事がうまくいかなかった時に、全国の良いお店が人々を慰めている。酒場は優しさの塊だ。酒場最高!全国の酒場に感謝を。


飲兵衛は今日も素直に感謝している。記憶は曖昧なんだけど。

パーフェクト

 

f:id:egawahiroshi:20230125232436j:image

この間テレビで悩み相談みたいなバラエティをやっていて、とても定番な質問が繰り広げられてた。それは「料理における適量って何?」というもの。


これいつも思うんだけど、そんなの最初からわかるわけ無いよね。適量なんて人それぞれだから。味は濃い目が好きな人もいれば薄味が好きな人もいる。要は何回か試してみないと適量はわからない。失敗しないと答えはわからないって事。適量って書いてあったらそれはチャレンジタイム!って意味なので、まずやってみるんです。そしていずれわかるのが適量。


最近は過剰に失敗を避けるよね。一回も失敗しないで成功しようとする人が多いように感じます。そりゃ誰だって失敗はしたくないし、失敗は成功の元なんて言い古された事を言うつもりはない。だけど、そんな簡単に出来るものは面白くないし、夢中にならないと思うよ。そして一回も失敗したくないって思うのは、その目の前にあるものを本気でやる気はないって事なんですよ。上手くなるつもりがない。自分に必要だと思ってない。


何でもそうだけど、完璧な成功ってものがこの世にあるとでも思ってるのかね?基本的にそんなものはこの世に存在しない。成功の中にも小さな失敗が必ずある。全てのものには必ず失敗が含まれる。それが成長の余地だし、それを探すのが上手くなるって事。逆に言えば失敗の中にも成功は必ず含まれる訳だし。失敗しない前提でやって上手くいくものなんて何もない。


やたらと効率主義で最短距離を目指してるのに、失敗は絶対に避けたい!なんて人が多く感じます。それは矛盾してるよね。最短距離目指したら失敗するのは当たり前。最短距離の場合は何度も挑戦するのが前提。そうでなければコツコツ舗装された長い道のりをゆっくり行く。そのどっちか。どっちでも良いけど、良い所だけ掠め取るなんてのは無理ですよ。


完璧主義ってのは、完璧を目指す人の話で、失敗を怖がる人の話じゃない。そこは勘違いしちゃいけないと思います。はい。

美少女のち、スターのおじさん

 

f:id:egawahiroshi:20230123115854j:imagef:id:egawahiroshi:20230123115857j:image

昨日は横浜までリリリリちゃんの3rdワンマンライブを見に行きました。久しぶりのワンマンだったけど、昨年一年色んな経験をしたのが身になってるなぁーってのをとても感じるライブでしたね。あとやっぱりみんな大人になった!高校生もそろそろいなくなるのかな?しみじみ。

 


そして挨拶の時間も取れずに下北沢へ移動。美少女達との挨拶よりおじさん達のイベントを優先する俺。マドラスとウィルベリーのイベント「shout to the top」へ。ゲストはレピッシュのマグミさんのバンド、ブレスレス。

 


マグミさんが還暦とか信じられない!動きも歌も、そして色気も何も衰えてない。完全にスターのオーラ。そんなマグミさんを見て、ボーカルの立ち位置というか、ポジショニングみたいなものを考えてライブを見てました。

 


ウィルベリーのジョウさんは、マグミさんと同じスタータイプ。ザ・フロントマン。サッカーのFW的に言えばワントップ。ペナルティエリアが仕事場で、他のメンバーはそこにボールを入れる。スペースを空けてそこにメンバーを入らせるとかはしない。でもそのシステムに合うメンバーがしっかり集められており、サイドメンとしての気品とか、秩序みたいなものがしっかりあって、ジョウさんを盛り立てる。それがウィルベリー。イタリア的バンド。これはスターが輝かなければいけないシステム。昨日のジョウさんはしっかり輝いてましたよ!スターのオーラと隣のお兄ちゃんのハイブリッドだね。ジョウさんは。

 


マドラスはまた違って、橋本さんの歌を中心に形作られてるのだけど、橋本さんはペナルティエリア固執しない。その空けたスペースには木下くんのギターは勿論、えらちゃんのベースも、リコ君のギターも飛び込んでくる。言わばゼロトップタイプ。ゼロトップは飛び出す選手がいないと成り立たない。時にカオスになりながらもハーモニーが生まれる素晴らしいバンド。スペイン的な感じですかね。

 


あと論点とはズレますが、昨日特筆すべきはドラムのみつきちゃんの覚醒。最初は正直リコ君から連なる歴代の名ドラマーの後は大変か?と思ってたんだけど、自分の色がしっかりバンドに馴染んだね。品があって、歌心があって、出しゃばらない。でもしっかりリズムは顔を出す。例えるなら初期のビートルズ。リンゴスター。80年代以降のやたらドラムが前に出る感じではなく、後ろにいて、さりげなく曲を支える。ダンスミュージックの興盛でドラムは派手に行かねば!って風潮が強いけど、音楽には色んな種類があるんですよ。マドラスのジェントルな音楽にはピッタリ。

 


昨日は美少女から還暦のおじさんまで振り幅のデカい一日でしたね。音楽って色々あるんですよ。1種類じゃない。色んな楽しみ方がある。色んな音楽を作って、色んな音楽を楽しみたい。そんな風に思いながら家路に着いたのでした。

 

f:id:egawahiroshi:20230122142533j:image
f:id:egawahiroshi:20230122142536j:image
f:id:egawahiroshi:20230122142529j:image

昨日は浅草で新年会。福岡時代の同僚AD、Sん子ちゃんと2人飲み。水炊き、胡麻サバと博多料理を堪能。

 


出会いはもう26年も前になるのか。クロスFMに入って、最初に研修的な感じでついた番組の担当ADが彼女でした。お顔はキレイだし、手足も長くスラっとしてて、スタイルも良い博多美人。同い年だし、何か起きてもおかしくなかったはずですが、あの頃の印象はただ怖い(笑)話しかけるなオーラが凄くて。家に帰ってその当時の奥さんにずっと愚痴ってた気がする。笑

 


あの頃の僕らを見てた人には、僕ら2人が並んで楽しく喋ってる感じは想像出来ないでしょうね。自分でも想像出来ない。でもメジャー契約が切れた後の福岡キャンペーンで協力してもらったり、なんとなく連絡も取ったりするようになり。まあ同い年だし、一本筋の通った人だから、喋ってて楽しい。しかもこのタイミングでまた東京にやって来るその胆っ玉って。そんなの応援するしかないよね。

 


やっぱり目の前の事にしっかり取り組んでる人ってのは話してて面白いしパワーを貰える。それは音楽や仕事でもそうだし、子育てでもそうだし、仕事でも遊びでも、これだ!ってものにしっかり向き合ってる人は見てて気持ちが良い。

 


成功ってのはたぶん努力したら必ず手に入るとかではないと思う。多分ほとんどが運。でもその運を引き寄せるべく動いた人。調べたり、作ったり、送ったり、会いに行ったり。そうやって向き合った人の確率が上がるのは間違いない。最後は運だけど、そのルーレットを何回まわせるかはその人の努力に比例する。

 


何気なく出会った人がその後にキーマンになったりする事って結構起こるんだよね。仲良くなる人もそんな感じかもしれない。そういう場所、人に、運ってものは転がってる気がする。はい。

繋がる

 

f:id:egawahiroshi:20230119204531j:imagef:id:egawahiroshi:20230119204535j:imagef:id:egawahiroshi:20230119204539j:imagef:id:egawahiroshi:20230119204543j:image

 

 

この間も書いたけれど、大久保にあったホルモンでめ金が閉店した。とても好きな店で、僕ら夫婦の思い出の店でもあり、とても悲しい気持ちになっていた。でもまた違う良い店も見つけたし、でめ金のない日常は回り始めていた。

 


そんな中、この間仕事で一緒になった女性から、亀戸にとても美味しいホルモン屋があって、そこはいつも並んでるという話を聞いた。その店はホルモン青木というお店。気になって検索すると、なんと支店がいくつかある。彼女はそれを知らなかったらしく、赤羽にも、上野にも、下北や新橋にもあると知って喜んでいた。今度行きたいねなんて話しながら、その話は終わった。

 


そして家に帰り、亀戸に良いホルモン屋があるんだってよーなんてホルモン大好きくみさんに話していた。するとやっぱりでめきんのホルモンが忘れられない!と、閉店の張り紙に書いてあった系列店を検索し始める(張り紙の写真を撮ってあった)。何軒かみつけて、今度行こう!と盛り上がる。「結構店あるよー」とくみさん。「亀戸でしょ、赤羽でしょ、上野、下北、新橋…」ん?どっかで聞いたような…。

 


そう、なんとホルモンでめ金は、亀戸で行列を作る、ホルモン青木の系列店だったのです!こんな所で繋がった!全く別の話から繋がったので、とてもビックリした!いやー10年以上前の自分達の舌の確かさもなんか嬉しい。2人でこの店は違う!って盛り上がったのが思い出せます。たおが産まれる前。まだいつも2人だった頃。この店!ってなる瞬間って嬉しいんだよねえ。

 

 

 

今日はでめ金閉店のポッカリ空いた穴を埋めてくれた、この間出会ったお店で1人飲んで食べてます。まあちょっと値が張るけれど、それだけのクオリティーの料理が出る店。ここに気軽に来れるくらい仕事頑張らなきゃなぁ。いつもせんべろじゃなくてね。

 


いやしかしこの店の音楽は俺のプレイリストみたいだ。全部好みの音楽しかかからない。こんな事あるんだね。