音楽を教える

f:id:egawahiroshi:20240303212931j:imagef:id:egawahiroshi:20240303212932j:imagef:id:egawahiroshi:20240303212934j:image


京都芸術大学でiPhone1台で音楽をつくる方法を教える講座が始まって、今年度の授業が全て終わった。とにかくやり切ったし、駆け抜けたと感じてる。今日授業が終わった瞬間の何とも言えない感情に名前を付ける事は難しい。


今回こんな機会を与えてくれたユニバーサルミュージックの森さんには感謝の気持ちしかない。自分に何が出来るのか?正直不安しかなかったし、自信なんて何も無かったけど、やっていくうちに自分より音楽的に才能のある人にも出来ない事があって、自分にしか出来ない事があるんだと信じられるようになった。それは今回の講義で得た財産だと思う。音楽が作れる事と音楽を教える事の間にある何か。大事な事。自分には教えられる何かがある。


講義を受けた人がとても楽しそうな姿を見ると本当に嬉しくなる。初めて曲を作って、それが望外の出来だった時の人の笑顔。そんなものを沢山感じたのが今回の講義の財産。

80年代のサウンドにフォーカスした初回、イントロにフォーカスした2回目、リフにフォーカスした3回目、今回は詩先の曲作りを皆さんに体験してもらいました。それぞれに得たものがあると思うし、多面的に曲作りを感じてもらえたと思う。


面白いのはやっぱりちゃんと詩に反応して雨の詩なら雨の歌のメロディーをみんなが作り、ちゃんと詩に反応した曲作りをしてくれた事。面白かったなぁ。意図が伝わった瞬間。詩とメロディーが仲良くなくちゃ、良い曲なんて出来るはずかなない。メロディーだけ考えてる人にはわからない、詩だけを考えてる人には作る事が出来ない世界。それは伝わったかなと思います。


自分の職業は音楽を作る事。だけども音楽を教えたり、色々出来る事があるんだと今年度は学んだ。自分の音楽の幅を広げる経験。あまり自分の世界に固執しすぎるのは良くないね。人の話も聞いた方が良い。それが狭い世界で気付いた真実。君の考えてる事は狭すぎる。広い世界に飛び出そう。楽しい世界が待ってるよ。


森さん、京都芸術大学の皆さん、そして生徒の皆さん、本当にありがとうございました!


あまりに解放されて1人立ち飲み屋で飲み、更に帰りの新幹線でも飲んでる帰り道。開放感!

落ち着いた新人バンド

f:id:egawahiroshi:20240302221910j:imagef:id:egawahiroshi:20240302221857j:imagef:id:egawahiroshi:20240302221907j:imagef:id:egawahiroshi:20240302221913j:imagef:id:egawahiroshi:20240302221904j:image

昨日はhoneydip、tronであり、サポートでもキュマバロウや46°haloで美しいベースラインを紡いだベーシスト、カジさんの新しいバンド&.(アンドドット)のリリースパーティーでした。しかも対バンがKAZIさんの爆裂めんたいビートのサイケデリックジャズバンドigloo、北の蒼きセンチメンタルメロディーバンド46°halo、そしてお馴染みキングオブシューゲイザーのクライフ。そりゃみんな集まるよねーというもう同窓会状態の高円寺HIGH。


久しぶりキュマのくみちゃん達と先筑を決め、向かった高円寺HIGH。本当に同窓会(笑)友達だらけ。でもライブはそんな温い感じじゃないのが流石。


トップのiglooはアルバムが最高だったから楽しみにしてた。ライブで見るとよりニューヨークジャンクの色が濃かったなぁ。ギターがめちゃくちゃサイケデリックで、でもシューゲイザーとは違って耽美な感じじゃなくもっと暴力的。そしてフリーキーなサックスと性急で正確なリズム。もう率直にカッコいい。


46°haloはほぼgash(笑)石塚兄弟の熱い事!そしてそれをブーストさせる高橋先輩のドラム。そしてそんな転げ回るように暴れるバンドの手綱を一手に握るナカタン。プロデューサーだよね。そのバランスがとても良かったです。


そしてクライフはこういうライブの時はいつも良いのよ。なんか燃えるものがあるんだろうね。ユウスケ君も凛としてた。王者の風格のライブ。何回目かの充実期が来てる気がする。


トリはもちろん&.。一応新人バンド(笑)随分落ち着いた新人バンドだよ!カジさん俺より年上なのに、伝説のバンドを経験した人なのに、また新しいバンドを始めるバイタリティーには恐れ入る。しかもそのバンドの音が趣味的じゃなくて、瑞々しくて、外に向いてるのが素晴らしいなぁ。大人のリズムでありながら、スリーピースのそれぞれの音作りがとてもしっかりしてて、端正なサウンド。ジャパンとFIXXを感じたかな。フレットレスベースで刻むラインは相変わらず独特。そこに絡むドラムの音も独特で面白かった。ニューウェーブが絶対入ってるドラム。そしてジャキジャキで美しい音のギター。何より特筆すべきはメロディーがとてもポップで、ちゃんと人に届ける意思を感じる事。その姿勢にとても胸を打たれました。そしてそのメロディーを歌う美しい歌!良い声だなぁ。良い歌だなぁ。ちょっと歌謡も入ってるのがとても好きです。


そんなライブにやられたのかライブ終了後、急に体調不良で立ち上がれなくなる事態。立つと強烈な立ち眩み。結局はナカタンに車で送ってもらって帰宅。あれ何だったんだろうなぁ?おかげでみんなに挨拶も出来なかった。でも楽しかった。みんな凄いよ。打ち上げ行きたかったなぁ。

 


俺も曲作り頑張ろう。刺激になったよ。自分のやれる事を全力でやるよ。みんなに負けないように。

求心力

f:id:egawahiroshi:20240224162514j:image
f:id:egawahiroshi:20240224162517j:image

昨日は下北沢ニュー風知空知にて、the MADRAS企画のイベント「have fun - acoustic -」でした。


出演はthe MADRAS -acoustic set-

w/カメダタク、遊佐春菜(壊れかけのテープレコーダーズ)、エガワヒロシw/田村直希という3組。マドラスのイベントに行った事がある人ならお馴染みのメンバーですね。


自分はトップで出演。田村君と一緒なので落ち着いて演奏は出来ました。まあ反省点は色々あるけれど、良い曲だという事は理解頂けたかと。久しぶりに演奏したマイスウィートロードが楽しかったな。


2番目は遊佐さん。あの凜としたモノクロームな世界。ピアノの音の温度が他の人と違うんですよ。ピリッとしてる。遊佐さんもレコーディング参加したb-flowerの曲やカバーも良かったし、本当に唯一無二の世界。いつも思い浮かぶのはジョンとヨーコ。ジョンだけでもなく、ヨーコだけでもない、ジョンとヨーコが並んでる絵。そんな音楽。


そしてマドラスは圧巻。マドラスの曲はジェントルで、優しくて、とても美しいメロディーを持ってるので、アコースティックセットでも映える曲が多い。でもロックンロールバンドである事を絶対に忘れないのが肝。昨日見に来てた僕の素人の友達も、音楽の事はわからないけど、曲が良いのはすぐわかるし、その上で演奏がかっこよくてずっと見ていられる!と興奮して言ってました。バンドなんだよね。バンドの音楽。

最後に遊佐さんとマドラスで「looser」、自分とのマドラスで「rough」。そして田村君も含め全員で「have fun」で大円団。ステージからみんなの笑顔が見えて、良い空気が充満してました。

 

このメンバーを集めた橋本孝志という人の力は凄いなぁーと思う。遊佐さんにソロでのライブを勧めたのも橋本さんだそうだ。僕が作詞作曲家に収まる事無く、今でもステージに引っ張り出されてるのは、この人の力が大きい。求心力と言って良いのかな?あんなに末っ子気質の人なのに、人を動かす力ががある。本当に凄いなと思います。


まあそれでも尊敬はしない事にしてます。なーんて嘘ですよ。嘘。尊敬してますよ。ちょっとだけね。本当にちょっとだけですからね。笑

前を見る

f:id:egawahiroshi:20240128195213j:image

昨日はミムラスの作品展「じゃないが、在る展」でのライブでした。


ミムラスの作品に囲まれて歌うライブで、なんとも不思議な気分。完全生音で、本当にプライベートなライブ。でも会場の反響具合も含めてちょうど良かったな。しっとり目に歌って心地良かったです。2階に人が住んでるので、大きい音出せなかったからなんだけど。笑


ミムラスのライブも、ゆうや君のギターも含め、なんともハンドメイド感溢れるライブ。なんというか、ミムラスという人が見える。そして作品に囲まれる事で、その感触がさらに強くなった気がします。チャーミングなライブだったね。


いやしかし、陶芸にハマったからって陶芸教室に行くとかじゃなく、いきなりマンションに釜買って、150点も作品作って作品展やるって普通じゃないですよ。とんでもない実行力。とんでもない夢見る力。ミムラスは本当に前を見てる。


ライブ終わった後は会場で呑んで、マルちゃんとミムラスがやってるWYWのハゼモトさんと沢山話をした。色々面白い話が聞けたんだけど、1番記憶に残ってるのが、見たはずのないライブなのに、いろんな人の話を聞く事で行った事に自分でなってるって話。過去って変わらないと思ってたけど、変わるんですよっていう。


ちょうど過去と向き合わないといけない事があって、自分にも、誰にでもそんな事があるのかもしれないと思った。そして前だけを見るミムラスを見て、自分も早く過去から脱脚しないといけないなと、過去の日記を色々しながら、そんな事を考えました。


ミムラスとも未来の話を沢山した。未来を描かないといけないんだな。そんな風に思った。まあ現在を肯定しないと人は幸せを実感できないとも考えてるので、自己肯定は大事な事だけど、それを未来に向けて。今年はそれを意識しよう。過去は捨て去る方向で。サヨナラ過去。こんにちは未来。

静かなライブ

 

f:id:egawahiroshi:20240126232229j:imagef:id:egawahiroshi:20240126232252j:image
f:id:egawahiroshi:20240126232256j:image
f:id:egawahiroshi:20240126232244j:image
f:id:egawahiroshi:20240126232249j:image


明日はライブだから、ライブの事だけを考えていたいけれども、そんな事言ってられるような身分ではなく。今日も骨身を削って曲を作った。まあまあ進んだ。あとは歌詞書いて歌を仕込めばほぼ完了。これでライブ翌日に頑張ればなんとかなりそうだ。


明日のライブはミムラスの作品展の中で行われます。正直どんな感じになるかは全く想像できない。会場も初めて訪れるしね。でもふんわりとした空気の中でやりたいなと思ってる。ミムラスとの関係もそんな感じだからね。ミムラスのバックでギターを弾くゆうや君も含め、3人でチームって感じです。家族的な。

そんなに大きな音を出せる会場ではないので、いつもみたいにジャカジャカかき鳴らして叫ぶような弾き語りはしません。しっとりと、呟くように。とても静かなライブを。こっちに振り切ったライブもなかなかないから、楽しみだな。


ミムラスの焼き物の展示も楽しみ。どんな1日になるか。お時間あったら是非遊びに来てくださいね。お昼のライブになります。


ミムラス初の作品展示会

【じゃないが、在る展】

2日目のイベントライブに出演!


1/27(土)13:00-荻久保ギャラリー

アンプラグドライブ「土と音楽」

13:00- ミムラス内藤彰子LIVE

13:40- Guest:エガワヒロシLIVE


詳細、イベントお申込は↓

naitoakiko.com/news/3114/

ランチミュージック

f:id:egawahiroshi:20240121173317j:image

昨日はミムラスの自宅に集まり、ゆうや君と3人で土曜日のライブのリハーサルをした。


今回のライブはミムラスの作品展の中で行われる。ミムラス初の陶芸展。そんな展覧会前なので、家の中は作品でいっぱいだった。家の中に釜がある部屋は初めて見た。やっぱりミムラスは凄い人だ。


ミムラスの今の家には来るのは初めてだったけど、前の家よりもミムラスらしさ全開な気がした。手触りの感覚があって、洒落てて、でもキメすぎてない。この人は本当に生活が表現なんだなと思った。


リハーサルがしっくり出来た後、最後にもう一回合わせる前にみんなでお昼ご飯にした。食べてから最後に合わせてリハーサルは終了。その流れが実にミムラス的で、そんな事がライブの感触を作るんだなと思った。


ミムラスの家に来る前に、3人で買い物はしてあった。ゆうや君はカツオの塩たたきを作り,ミムラスはブルスケッタを作った。自分は春菊の葉っぱのサラダ、春菊の茎とベーコンの炒め物、そしてキャベツステーキを作った。人の家のキッチンでの料理というのは面白い。オリーブオイルがレモンオリーブオイルだったので、色々合わせて調整した。


ゆうや君から、エガワさんの料理と音楽は似ていると言われた。確かに。ミムラスの料理も、ゆうや君の料理も音楽に似ている。それは表現が生活に根差している事を表してる気がした。音楽という表現は、生活に根差したものか、全く違う世界を見せるものか、そのどっちかになると思ってる。多分音楽はそのどちらかでないと輝かない気がする。中途半端は難しい。


土曜日のライブは生活に根差した音を奏でます。言うなれば人間音楽。お時間あればそんな音楽を味わいに来てください。美味しい音を奏でますよ。


ミムラス初の作品展示会

【じゃないが、在る展】

2日目のイベントライブに出演!


1/27(土)13:00-荻久保ギャラリー

アンプラグドライブ「土と音楽」

13:00- ミムラス内藤彰子LIVE

13:40- Guest:エガワヒロシLIVE


詳細、イベントお申込は↓

naitoakiko.com/news/3114/

 

f:id:egawahiroshi:20240121173354j:image
f:id:egawahiroshi:20240121173358j:image
f:id:egawahiroshi:20240121173347j:image
f:id:egawahiroshi:20240121173350j:image

良い薬

f:id:egawahiroshi:20240120225400j:image

別に気合いが足りないとか、油断してたとかは思わない。戦術的にどうとかも、色々思う所はあるけど、それが原因ってほどではない。

あ、昨日の代表戦ね。まさかの敗戦。でもアジアはもうそんなに弱くないんですよ。この前のベトナムだってボール扱いも、ポジショニングも悪くなかった。戦略的だった。トルシエ気合い入ってたし。そしてイラクも同じくレベルは低くなかった。

そんな中、日本は過去最強、連戦連勝どころか異常な得点力を見せつけて、ヨーロッパも恐れるアジアのマシンチームになった。そんなチームがショッキングな敗戦。しかも公式戦で敗戦。


とはいえこれは良い薬だなと思う。人間はどこかのネジは放っておいても緩む。それを防ぐのは難しい。もう一度締める作業を自分で出来る人はほとんどいないんじゃないかな。だからこれで敗退が決まるわけじゃない良いタイミングで、苦い薬は投与された。そう思いたい。


自分もそうだと思う。思い上がると必ず何かがガツンと来る。人生はその繰り返しだと思ってる。そのタイミングが悪いと、這い上がる事が難しくなったり、地に落ちたりする。だから今回のタイミングの良さは、森保さんが持ってるが故と思いたい。


ただ盛り上がらなきゃいけない地上波放送の日にこれは痛いねえ。ここで勝ってムードを盛り上げたかった。まあでも、応援はするんでね。どうなろうと。次だ次。


いやしかし南野のサイド起用はまた彼を混迷の道に導くだけだから、やめた方が良いね。そして浅野と前田は格上相手のプレッシング&カウンター要員で、裏にスペースない時は不要。この2つのミスだけは何回も繰り返してるから、修正をお願いしたい。あとは菅原調子悪そうだから、毎熊の出番かな。


久保、もうちょっと見たかったなぉ。なんか理由あるのかな?チーム内のことはわからんからね。外から色々言っても、本当の理由は見えて来ない。まあファンは応援するだけなんだよね。それしか出来ない。