殻を破る

f:id:egawahiroshi:20220623153449j:image

 

昨日行った国立近代美術館は竹橋にあります。竹橋や神保町には思い出があって、なんだか懐かしくなりました。それは昔、小学館でアルバイトしていたから。

 

 

 

あの時は二十歳だったかな。僕は音楽を志す事に決めて、家を出ようと思ってました。自分の親が音楽に反対なのはわかっていたし、それなら自分の力で暮らさなきゃ。そんな風に考えていて。でもお金がない。若者にはいつだってお金が無いものです。

 

 

 

それで探したアルバイトが小学館でした。小学館では2部学生の学費補助の為、アルバイトには時給の他に、月5万円計算の学費補助がボーナスとして支払われます。10ヶ月限定だったので50万円!これはデカい。僕はその当時夜間の音響の専門学校に通ってたのですぐ応募しました。

 

 

 

後からわかったのだけど、それは四年制の夜間の大学生の為の制度で。なので僕は制度外。でも何故か採用されます。その当時、おばちゃんにはめちゃくちゃ可愛がられる人だったので、面接官がおばちゃんだったからかもしれない。というかおばちゃんが面接官だった時、面接落とされた事一回もないんです。その前のアルバイトでは「江川君を1日借りるのいくら?」って聞かれたことあったし。売らなかったけども。笑

 

 

 

小学館では女性セブン編集部に配属されました。仕事はまさに雑用。でも面白かったな。苦情の電話受けたり、おつかいに行ったり。桜田淳子統一教会とか、宅八郎が乗り込んできたりとか、そんな頃。マリーンが編集部の人ビンタした事件もあったな。なんだったんだ?あれは。笑

 

 

 

お昼ご飯を食べたらいつも中古レコード屋巡り。それが何よりの楽しみだった。あの頃はいつもお昼にあの辺りをウロウロしてた。そこかしこにあの頃の思い出が染み付いている。

 

 

 

ここでアルバイトしてる間に僕は家を出て、一人暮らしを始めた。別れてた彼女ともヨリを戻し、その人とは後に結婚をします。ま、離婚するんですけど。笑

 

 

 

でもあの場所にいる時に僕は独り立ちをし、自分の足で歩き始めた事になる。実際は前の嫁やら前の嫁のお義父さんに助けてもらってのフラフラ状態だったけれど、それでも立ち上がった場所には違いない。僕が卵の殻を破った場所。

 

 

 

昨日のお昼はココナッツカレーを食べようと、ナチュラルハイテックレコーズの林さんがやってる三月の水へ行きました。ここで談笑しつつカレーを食べてたら、後からやって来た常連さんを林さんに紹介されます。それがなんと小学館の人で!びっくり。なんだか縁を感じて嬉しくなってしまいました。この街には縁があるのかなぁ?

 

 

 

いやしかし美術館から三月の水、そしてレコード屋というのは良いコースだ。文化的で、距離もちょうど良い。またリピートしようっと。

ゲルハルト・リヒター展

 

 

f:id:egawahiroshi:20220622200538j:image

 

仕事の谷間になったので、今日はインプットの日!と国立近代美術館までゲルハルト・リヒター展へ。

 

 

 

まあ僕はそんなアートに詳しいわけではないですが、家族でフランス旅行をして、ヴィトン美術館に行った時。1番気に入った絵がリヒターのものでした。なので友達のインスタなどを見て「おっ?」ってなったわけです。


f:id:egawahiroshi:20220622200340j:image

 

 

僕が興味を持ったのはアブストラクトペインティングというもので、何層にも塗り重ねられた抽象的なカオスな絵です。その世界には何か吸い込まれるような魅力があって。しかもその絵は氷の中に色があるみたいに色の層があるんです。透けて見えるんです。どうやって書いてるのか全くわからない。

そしてその全く具体的なものを描いていないはずの絵は、自然と何かに見えて来るし、感情的なものも伝わってくる。とても不思議な世界。意味を超えた先に現れる意味。まあ結局それは自分の中にあるものなんですよね?きっと。

これを氷の美術館みたいな所で見られたら楽しいのになぁーって途中から考えてました。クーラーが効き過ぎてただけかもしれないですけど。笑

f:id:egawahiroshi:20220622200411j:image

 

 

しばらく見てたら、どうやってこのカオスな世界にたどり着いたのか興味が出て来ます。それで最初に戻って作品の年代を見て行くと、初期はグレイを塗りたくった作品で。しかも最初はグレイ一色でもその筆やらナイフやらの跡がランダムにあるので変化はあります。しかしその何年か後のグレイ作品は全くの均一のグレイ。変化は何一つ無し。ただの美しいグレイがそこに。それはミニマルの向こう側。そこまで行ったからこそ、カオスな世界にたどり着いたんだなーって。なんか納得したのでした。

f:id:egawahiroshi:20220622200423j:image

 

 

また、更に最初期にやっていたフォトペインティング(写真を正確にうつしとるようにキャンパスに描く作品)や、肖像画静物画で実物の世界も描くんですが、これがむしろ無を感じさせる。抽象画は何か具体的な何かを感じさせるのに、写実的な絵では無の世界が広がる。不思議な逆転現象。解説で「自然は感情など全くの精神性を有さず、絶対に非人間的なものだ」というリヒターの言葉があり、その無の世界は意識的に描いたのかなぁ?なんて。リヒターの頭の中を想像したりしました。

f:id:egawahiroshi:20220622200442j:image

 

 

ちなみに写真の上に油絵具などを塗りつけたオイル・オン・フォトって作品群は全然好きになれなかった。あとアラジンっていうラッカー塗料とガラスの作品も。この振り幅が逆に興味を引く。ちなみに1番好きなのはアブストラクトペインティングの初期の作品かな。好きな絵は写真撮って来た。

f:id:egawahiroshi:20220622200401j:imagef:id:egawahiroshi:20220622200406j:image

 

 

アブストラクトは本当に何層にも重なってて、最初に描いた所は全く見えてなかったりするそうです。これ聴いてこの間聴いたシューゲイザーの人達のレコーディングを思い出した。何本も何本もギター重ねるんだけど、元はなんだかわからなくなってるんだって。でもそれがエフェクト的な効果を生む。リヒターの絵もそういう事なのかな。シューゲイザーバンドの人にリヒター好きが多いのはそういう事かと、妙に納得。

 

 

 

なんかこの人の絵は自分でも描いてみたくなるよね。真似してやってみようかなぁ。アナログなのにデジタルっぽい絵なのも面白いよね。今の人にそりゃ受けるわな。

 

f:id:egawahiroshi:20220622200611j:image

ウィークポイント

f:id:egawahiroshi:20220621232608j:image

 

 

我が家は嫁と二人で生活の様々な事を分担して暮らしている。今はちょうど良いバランスに落ち着いてるとは思うけれど、このバランスもすんなりに出来上がったものでは無い。実際は紆余曲折、話し合いとぶつかり合いの過程で出来上がっている。そんな簡単じゃ無い。

 

 

 

肝は相手が1番苦手なものをカバーしてあげられるかだと思う。2人の役割分担というのは意外に難しい。我が家で言えば、料理は嫁も出来るし、むしろ美味しい。でも自分も全く苦も無くそれなりのものが作れる。だったらどっちが料理をするのか?しかし料理を担当する上で、嫁には最大の難関があった。それは早起き。

 

 

 

嫁はとにかく朝が弱い。というか眠気に弱い。眠くなったら何も出来ない人。友達がいても眠気が来たら絶対に起きてられない。自分の友達が話してるのに簡単に寝落ちしてしまう。だから眠い朝なんて全く動けない。それでは朝ご飯は作れない。

この流れがあって、自分が料理をする事が多くなった。自分は料理をする事で、嫁の一番苦手な事をカバーしてあげる事になった。朝のたおの用意やサポートも全部自分。それが我が家の基本ルール。

 

 

 

結局相手のウィークポイントは何なのか?何をしたら喜ぶのか?それをしっかり把握する所から役割分担は始まる。元AKBの指原は家事が全く出来ないので、その代わり欲しいものは何でも買ってあげるそうだ。テレビでそう言っていた。いやー気持ち良い。その割り切りも凄い。でも、それが噛み合えば良いんだと思う。正しいとか間違ってるとかじゃな無い。合うか合わないか。たぶん俺は指原の旦那さんになれる。嫁もそう言っていた。笑

 


ちなみに嫁の1番希望する事は、気軽に旅行に行ける事。コロナがあるので今は昔ほどでは無いけれど、それでも子持ちの母親としては破格の自由さで旅行に繰り出している。そりゃそうだ。今はたおも中学生だから当たり前だけど、2歳で1週間旅に出ても問題なかったのだ。たおはお父さんが居れば問題なく育ったので、初旅行の1週間、「ママ」という単語は一回も出る事なく旅行は終わった。ママが帰って来ても特に待望感はなく。ママ自由。

 

 

 

1番苦手な事をカバーして、1番したい事をさせてあげる。それを片方では無く、お互いがしてあげる事。それが役割分担の基本だと思う。嫁も自分にそうしてくれている。感謝!

 

 

 

ちなみに自分の苦手な事はお金を稼ぐ事。したい事は音楽制作。これってダメミュージシャンの典型!?うーむ。お金なー。なー。

 

 

 

そんなロープ臭いミュージシャンのライブはこちら!

 

 

 

7/22(金)下北沢ニュー風知空知

Oh. Cheers! - Cover night  vol.3 -

"happy birthday dear ジョウミチヲ"

【act】

ジョウミチヲ

野呂圭都

エガワヒロシ

橋本孝志&カメダタク

OP 18:00 / ST 18:30

adv. ¥3,000 / door ¥3,500

(+1drink)

 


https://new-fu-chi-ku-chi.jp/?p=2259

父の日の父の呟き

 

f:id:egawahiroshi:20220619182644j:image

 

今日は父の日だって。基本父の日ってのは日陰の存在。母の日のカーネーションのような象徴的なものもないし、みんななんとなく通り過ぎていく日だと思う。父親に感謝なんてみんなするのかな?俺は自分の父親に父の日のお祝いなんてした覚えがない。大人になってからならなんかあげた事ある気もするけど、あれは嫁からであって俺からじゃない。いや親子仲は仲悪くないですよ。一応言っておくと。

 

 

 

自分もたおが生まれて父親になった。だけどたおは今日も昼夜と一輪車の練習。だからお祝いなんて勿論ない。自分がしてないんだから、まったく求める気もないし、子どもなんてのは元気でいてくれればそれでいい。今日も元気な姿が父の日のプレゼントだ。

 

 

 

 


たおは中学になって、初めての定期テストが近づいている。これがまた自分の子供とは思えないくらい勉強している。1ヶ月前くらいから、たおにとってはもうテスト期間!と宣言し、冷蔵庫のホワイトボードには「テスト頑張るぞ!」と書いてある。昨日はマックに行って初めて外で1人で勉強して来た。3時間くらい?家にいると親に甘えてグダグダ言い出すので、外の方が良いみたいだ。自分でも言ってた。わかってるならさっさと外に出て行ってくれ。笑

 

 

 

たおは12歳なので、父親も12歳だ。父親として10年選手の貫禄も出て来たかと思う。我が家は従来の日本の家庭での母親業務を父親が担っているので、父と娘は遠い関係ではない。むしろ近過ぎてもうちょっと離れた方が良いのでは?と思っている。そろそろ思春期だし、お父さん臭い!とか言い出す頃だが、この間聞いてみたら「臭いけど我慢できる」と言われた。これは愛情と受け取っておくべきか?臭いは臭いんだな。ふむ。

 

 

 

父の日も1人で暗い部屋で作業していた。暗い部屋で1人歌を歌うお父さん。そんな父親をたおはどう思っているんだろう?まあ愛されてるのはよくわかっているけれど。

 

 

 

先ほど曲の提出も完了してので、風呂に入ってこんな文章を書いている。そろそろ出て、父の日のお祝いに1人飲みでもしようかと思う。父の日に乾杯。父は日陰で良い。その方が良い。僕はそんな風に思ってる。もしかしたら自分の父からそんな事を学んだのかもしれない。性格の悪い父から。いや、仲悪くないんですよ。笑

 

 

 

そんなお父さんのライブはこちら。

 

 

 

7/22(金)下北沢ニュー風知空知

Oh. Cheers! - Cover night  vol.3 -

"happy birthday dear ジョウミチヲ"

【act】

ジョウミチヲ

野呂圭都

エガワヒロシ

橋本孝志&カメダタク

OP 18:00 / ST 18:30

adv. ¥3,000 / door ¥3,500

(+1drink)

 


https://new-fu-chi-ku-chi.jp/?p=2259

食べログ

 

f:id:egawahiroshi:20220618104403j:image

 

 

今回の食べログ問題がわからない。お金払って広告を出した所の点数が優遇される、って話じゃないよね?それだったら問題だとは思うんだけど、テレビ見ててもその話はしない。今回の問題はアルゴリズムらしい。

 

 

 

今回の話は、投稿数の多い人の判断がより大きく作用するアルゴリズムによって点数が下がったのが不服だそうで。でもこれ当たり前じゃないの?投稿数1回の人とかの評価が同じように影響するなら、サクラやり放題じゃん。そういう人の評価は低めにして、色んなところを食べて投稿してる人の評価を重要視すればサクラの効果は低くなる。至極真っ当。っていうかその訴えた店はサクラが多かったって事の証明になるのでは?なんて。

 

 

 

まあ食べログの力が大きくなりすぎてるから、是正する方向に力が入ったのは理解できるけどね。ただ食べログ妄信してもしょうがないですよ。そこからこぼれ落ちてる良いお店いっぱいある。うちの近所の超絶美味しい中華なんて点数3.08ですよ。多分人見知りの奥さんが、あんまりお客さん来て欲しくないから、あれくらいで良いんでしょうけど。

 

 

 

嫁が今回の裁判で訴えたお店の点数が3.5以上なんてありえないと言ってた。むしろ今のアルゴリズムの評価の方が信用出来るって。嫁辛口。笑

まあ味の好みなんて人それぞれですからね。とりあえず入る。これですよ。とにかく失敗をしたくない今の人達だからこそのサービスなんでしょうね。失敗の中にこそ楽しさとか、成長とかはあるんだけどな。失敗しない人生は逆におっかないよ。

 


なんて会社で食べログおじさんと言われてたおじさんの呟き。笑

食べログ使うなら、1に写真、2に悪いレビュー、3でやっと点数ですね。あとは野生の勘。またはインサイドワーク。ジャイアント馬場並みの。

 

 

 

インサイドワークに優れた大人の音楽はこちらで。

 

 

 

7/22(金)下北沢ニュー風知空知

Oh. Cheers! - Cover night  vol.3 -

"happy birthday dear ジョウミチヲ"

【act】

ジョウミチヲ

野呂圭都

エガワヒロシ

橋本孝志&カメダタク

OP 18:00 / ST 18:30

adv. ¥3,000 / door ¥3,500

(+1drink)

 


https://new-fu-chi-ku-chi.jp/?p=2259

魔法

 

f:id:egawahiroshi:20220616200928j:image

 

 

この1週間くらい集中して作ってる曲が明日締め切り。純粋な作曲、メロディーを生み出す作業に3日位かけたし、久しぶりにじっくりやったなぁ。ループ含めたドラム、ベース、タンバリン、エレキ、ローズ系、ブラス、ストリングス、クラビと今の所、生っぽい音しか入ってない。シンセが全く入ってないの久しぶり。いや今から入れるつもりなんだけど。

 

 

 

俺程度の才能だと、良いアレンジを作るには偶然が必要になる。その役目を担うのがいつもシンセ。適当に選んでるとたまたまハマってくれる時がある。本当にたまに。それがあると曲にキラメキが生まれる。やっぱり音楽には魔法が欲しい。魔法使いじゃないから、それは神頼み、偶然に頼るしかない。

 

 

 

でも、このブラックボックスというか、自分でもびっくりするような事が音楽には起きて欲しいんだよね。音楽が理論通りに進むなんてつまんない。魔法が欲しいのよ。魔法が。まあ普通はそういうのは人とのコラボレーション、人とのケミストリーに求めるんだよね。それを自分に求めるからおかしな事になるんだな。俺は。でも魔法は大事。音楽が頭の中にあるモノをそのままトレースして出来上がるんだったら、それには俺は興奮しない。そんなの味気ない。ま、自分の才能が足りないだけかもしれないけれど。でも魔法至上主義なんで。自分のキャパシティーを越える音楽至上主義。自分で自分にビックリしたい。

 

 

 

そんな思いもよらない魔法のような夜が体験できるイベントはこちら!絶対に楽しめる夜にしますよ!

 

 

 

7/22(金)下北沢ニュー風知空知

Oh. Cheers! - Cover night  vol.3 -

"happy birthday dear ジョウミチヲ"

【act】

ジョウミチヲ

野呂圭都

エガワヒロシ

橋本孝志&カメダタク

OP 18:00 / ST 18:30

adv. ¥3,000 / door ¥3,500

(+1drink)

 


https://new-fu-chi-ku-chi.jp/?p=2259

日本代表誰選ぶ?

 

f:id:egawahiroshi:20220615192348j:image

 

 

昨日のチュニジア戦、酷かったねえ。もう試合に満足しちゃったの?って感じの出来。まあそれでも今回の四試合でなんとなくワールドカップに臨む陣容が見えて来たように思うので、リトマス試験紙としては効果があったような。

 

 

 

監督は代わらないでしょうね。まあ僕はそれほど森保否定派ではないですけど、物足りないのは間違いない。でも誰に代わるの?西野さん?誰か良い人いるなら、監督交代全く否定しません。

 

 

 

GKはシュミットダニエルかなぁ。サイズと足技では権田より上。逆に権田が完全に優ってる所も見当たらないし。3番手は川島。ベテラン枠。川口能活枠。

 

 

 

センターバックは板倉が伸びたのが収穫。チュニジア戦の吉田麻也の衝撃的なミスもあって、板倉と富安がファーストチョイスでも良いかと思います。サブは吉田と谷口。あとは伊藤と中山が3番手。

 

 

 

サイドバックは一気に伊藤洋輝がレギュラー奪取。特にもし前に南野使うなら、幅を取る為にも中山では無理だし、長友も物足りない。三苫だったら中山もありかな。なので伊藤レギュラー、中山、長友がサブ。

 

 

 

サイドバックは山根がパスミスはあったけど、及第点。酒井が居なくても不安ではなくなった。でもレギュラーは酒井かな。山根は2番手。長友の右も良かったので、3番手は長友。富安を右というのもあるとは思うけどサイドやるのはもったいない。右サイドの他の選手も悪くないし。

 

 

 

アンカーは不動の遠藤航。2番手は板倉、守田、田中碧の誰か。みんな他にポジションあるから、ここにもう1人いても良いかな。フロンターレの橘田あたりを呼んでも良いかもね。

 

 

 

インサイドは田中碧、守田、元気、鎌田がレギュラー争い。あとは南野を中に、遠藤航を一つ上げるオプションもありかと。あとは久保、堂安だけどちょっと物足りないかなぁ。だったら三苫との相性で旗手が欲しい。サイドバックもウイングも出来るし。又はベルギーでやってる森岡とか見てみたかった。

 

 

 

右サイドは伊藤純也、堂安で決まり。久保君はこの位置で必要なのかね?古橋も、前田大然も、浅野もここ出来るし。

 

 

 

左は三苫が無双なんだけど、最初から出す?ジョーカー?っていう論争はまあ理解できる。でも南野は完全にここに適応出来てない。だったら旗手を呼びたい。

 

 

 

そして誰も突出しなかったトップ問題。大迫の本大会前の調子にもよるけど、ポストタイプとしては上田は物足りなかった。鈴木優磨を見てみたかったけど、今回も呼ばなかったからなあ。

あとはスピードタイプを使うなら、南野をトップに使っても良い気がする。1番ボールは収まりそうだし。あとは古橋、浅野、前田は一長一短。スピードタイプの場合、その手前でボールを収められる鎌田は必須かと思います。

 

 

 

本大会は26人になるとして、いま名前出た人全部で31人。外れるのは5人。

まずいらないかなぁーってのは上田。あとはどうせ呼ばないだろう森岡。もし大迫が復帰するなら鈴木優磨はいらない。でも大迫復帰しないなら、鈴木優磨呼んで欲しい。そしてどっちを選ぶにしろスピード系トップ3人のうち1人はいらない。そして落選はあと1人。旗手は左ウイングのサブとして欲しいから当確。あとは久保君か橘田の判断か。アンカー専任が少ないので橘田欲しい。森保的江川ジャパンでは久保君落選!

 

 

 

まあそうは言っても森保は久保君選ぶだろうね。まあ選んでも良いんだけど。勿論。鈴木優磨も呼ばないよね。多分スピードタイプ3人も外さない。それで橘田も入らない。森岡は勿論。大迫ダメなら上田。そんな感じか。

 

 

 

いつも大会前の評判悪い時の方が成績良いから、今回もその流れであって欲しいね。コンディショニングだけは失敗しないように。